国語言葉の意味

【四字熟語】「力戦奮闘」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターが解説!

「make strenuous efforts」

「strenuous」は「奮闘的な」や「熱心な」という意味。「efforts」は「奮闘」や「努力」という意味になります。そこへ「make」が加わることによって「たゆまぬ努力をする」となるのです。「力戦奮闘」に近い英訳といえるのではないでしょうか。

「try as hard as one can」

「as ~ as 〇 can」は「〇ができる限り~」という意味になります。そのため「I’m trying as hard as I can」と表現すれば「私は一生懸命やっている」と伝えることができますね。「~」には、動詞が入るものと考えるとよいでしょう。英語はもともと「頑張る」という表現が難しいです。相手にできる限り頑張った様子を伝えたい場合は、「動詞+hard 」か「best」をつけたすだけでも問題ありません。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

大変だった様子を伝えたい場合は、基本的には「hard」を使うだけでも問題ないだろう。「She is studying hard」といえば「彼女は懸命に勉強している」という意味になる。「力戦奮闘」という細かなニュアンスを、英語で全て表現するのは難しいかもしれないな。

「力戦奮闘」を使いこなそう

この記事では「力戦奮闘」の意味・使い方・類語などを説明しました。「一生懸命」が同じ意味で有名であるせいか、「力戦奮闘」を使う方は少ないかもしれません。しかし、実力を試された後に使う言葉としては、大変使いやすい四字熟語といえます。

「一生懸命」は、実際に行う前に意志表示として使う言葉。「力戦奮闘」は、行った後に評価として使う言葉です。相手から「力戦奮闘していたね」と言われれば、自分自身が頑張った姿を見てくれていたのだと嬉しく感じるはず。自分の様子を表現するために使うだけでなく、ぜひ、褒め言葉として使ってみてはいかがでしょうか。

1 2 3 4
Share: