国語言葉の意味

【四字熟語】「力戦奮闘」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「力戦奮闘」について解説する。

端的に言えば力戦奮闘の意味は「精一杯頑張ること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

年間60冊以上本を読み込んでいるヤマゾーを呼んだ。一緒に「力戦奮闘」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤマゾー

ビジネス本を中心に毎年60冊読破。本を通じて心に響く生きた日本語を学ぶ。誰にでも分かりやすい説明で四字熟語を解説していく。

「力戦奮闘」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「力戦奮闘」の意味や語源・使い方をみていきましょう。

「力戦奮闘」の意味は?

「力戦奮闘」には、次のような意味があります。

力のかぎり戦うこと。全力を尽くして努力すること。

出典:大辞林 第三版(三省堂)「力戦奮闘」

「力戦奮闘」は「りきせんふんとう」と読みます。「力戦」は漢字の通り、力いっぱい戦うという意味。「奮闘」は、力をふるって戦うこと、もしくは力いっぱい努力するという意味になります。これら2つの言葉を合わせて「力戦奮闘」とという四字熟語となり、自分の力を最大限に出し切るほど頑張る様子を表現しているといえるでしょう。

「奮闘」だけでも十分頑張った様子が伝わるかもしれません。しかし「力戦奮闘」と言うことで、いかに大変な困難に立ち向かったのか相手に伝えることができます。試合などで、スポーツ選手が全力を出し切る姿をよくみますよね。まさに、その姿こそ力戦奮闘。最近は「力戦」だけでも通じますが、「力戦奮闘」と答えた方がより大変な試練だったと伝えやすいでしょう。座右の銘にしても素敵ですね。

「力戦奮闘」の使い方・例文

「力戦奮闘」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: