国語言葉の意味

【慣用句】「気が利く」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターが解説!

「attentive」

attentive」は「気を使う」や「思いやりがある」、もしくは「注意深い」という意味になります。「He is very attentive」と言えば「彼はとても気が利く」もしくは「彼はとても親切ね」と伝えることができるでしょう。「気が利く」は、相手へ感謝の気持ちを伝える言葉として使われる場合が多いです。英語の場合は、状況に応じては「good」や「smart」と表現しても問題ありません。

「thoughtful」

thoughtful」は「思いやり」や「親切な」という意味。「気が利く」という言葉自体がポジティブなので「thoughtful」を使うと良い印象を与えることができます。たとえば「You are so thoughtful」と言えば「あなたは気が利くね」と伝えることができますよ。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

気が利く行動をしてもらった場合は、相手に「That’s very thoughtful of you.」と伝えてみよう。「That’s very thoughtful of you.」は「ご丁寧にありがとう」という意味だ。言われた側も喜んでくれるだろう。

「気が利く」を使いこなそう

この記事では「気が利く」の意味・使い方・類語などを説明しました。「気が利く」といわれる言動や行動は、円滑な人間関係を築くためにも、なくてはならない心遣いといえます。難しく考える必要はありません。仕事で取り入れたい場合は、業務全体の流れをしっかりと把握していれば、先回りして行動することが可能になります。

日常生活では、相手の立場になって、想像力を働かせればすぐに出来ることばかり。お礼の言葉として使う以外にも、ぜひ「気が利く」を日々の習慣に取り入れてみてください。きっと、あなたの周りでは笑顔が増えるはずですよ。

1 2 3 4
Share: