国語言葉の意味

【慣用句】「気が利く」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターが解説!

「融通が利く」

「融通が利く」は、臨機応変に上手く対処できるという意味。「気が利く」は、相手の気持ちを先回りして行動しているのに対して、「融通が利く」はその場に適した行動になります。どちらの行動も優秀ではありますが、「融通が利く」は褒め言葉としてはあまり使うことができません。感謝の気持ちを伝えるなら「気が利く」を使った方がよいでしょう。

「気が利く」の対義語は?

「気が利く」の対義語として、シンプルに「気が利かない」と言って問題ありません。「気が利かない」以外にも、また違った表現方法があります。状況に応じて使い分けるためにも「気が利く」の対義語をみていきましょう。

「行き届かない」

謝罪の言葉で「行き届かずに申し訳ありません」と耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。「気が利く」の類義語で「行き届く」があります。「行き届く」は、細かいところまで気がつく注意がゆきわたるという意味。否定する場合は「行き届かない」と表現します。

「配慮に欠ける」

「配慮」は「心遣い」という意味。「欠ける」が加わることによって「気遣いが足りない」という意味になります。「気が利く」は細かいところにまで注意が及ぶのに対して、「配慮に欠ける」は心配りが不足しているといえるでしょう。ニュースなどで「配慮に欠ける発言」とよく使われますよね。常識がない場合や、相手の気持ちを無視した場面でも使われる言葉です。

「心無い」

相手の気持ちを無視した発言を、よく「心無い発言」と表現しますよね。「心無い」は「思慮がない」や「無情」といった意味になります。「気が利く」は、心がゆきとどくという意味があるので、「心無い」は正反対の言葉といえるでしょう。

「気が利く」の英訳は?

image by iStockphoto

では、「気が利く」を英訳すると、どのような表現があるのでしょうか。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: