国語言葉の意味

【四字熟語】「勇往邁進」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

小心翼々

次に挙げられる対義語は、「小心翼々」になります。読み方は「しょうしんよくよく」です。意味は、気が小さく常にびくついている様子を表します。

もう一つの対義語である「戦々恐々」と意味が似ていますが、目標や目的に向かって恐れず突き進む力がない点が「勇往邁進」と大きく異なる点ですね。常に不安を感じているため、目的に向かって突き進むことを恐れてしまうのです。「勇往邁進」と比べて「小心翼々」は少しマイナスなイメージの四字熟語になります。

「勇往邁進」の英訳は?

image by iStockphoto

最後に、「勇往邁進」の英訳について解説します。「勇往邁進」は自分の目標や目的を達成するために、とても良い四字熟語の一つです。海外の人々にも教えてあげられるように、「勇往邁進」の英語訳をご紹介しましょう。

「pushing forward」

「勇往邁進」の英訳として挙げられるのは、「pushing forward」です。「pushing」とは「押す、後押し」という意味があり、「forward」は「前方に」という意味があります。つまり、「pushing forward」で「前方に後押しする」という意味になるのです。

「勇往邁進」は恐れずにひたすら前進するといういみですので、前に向かっていくという意味合いがある「pushing forward」は英訳として適しています。具体的にどのように使えば良いのか、例を見てみましょう。

1. He is pushing forward to his dream.

(彼は夢に向かって勇往邁進している)

2. Their motto is pushing forward.

(彼らの座右の銘は勇往邁進だ)

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「勇往邁進」の英訳には他にも、「going forward」や「dush and go」などがあるぞ。いずれも「pushing forward」と同じく「前に進め」という意味で使われている。「勇往邁進」を英語に直すときには、ひたすら前進する「邁進」という意味が強く反映されるようだな。

「pushing forward」もそれ以外の英訳も、「勇往邁進」の意味で使えることは間違いない。自分の使いやすい単語で使ってみてくれ。

「勇往邁進」を使いこなそう

この記事では「勇往邁進」の意味・使い方・類語などを説明しました。最近は大量の情報が簡単に手に入るため、日々様々な事柄に影響されやすい状況にあります。そのため、私たちは自らの主義を確立することが難しいです。

そんな中、「勇往邁進」という四字熟語はとても重要になります。「勇往邁進」の意味である、「自らの意思を持って目標と結果を出すために恐れず突き進むこと」を心に刻んでおけば余計な情報に惑わされることはありません。

皆さんも自分だけの目標や目的を見つけて、それに向かって勇往邁進してみましょう!

1 2 3 4
Share: