幕末日本史歴史江戸時代

佐賀の乱の首謀者となった「江藤新平」をわかりやすく歴女が解説

よぉ、桜木健二だ、今回は江藤新平を取り上げるぞ。明治の佐賀の乱で有名なんだっけ、どんな人だったか詳しく知りたいよな。

その辺のところを幕末から明治時代も大好きなあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

angelica

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている歴女、幕末から明治時代についても興味津々。例によって昔読んだ本を引っ張り出しネット情報で補足しつつ、江藤新平について5分でわかるようにまとめた。

1-1、江藤新平は佐賀の生まれ

image by PIXTA / 39690816

江藤新平(えとうしんぺい)は天保5年(1834年)2月、肥前国佐賀郡八戸村(現佐賀県佐賀市八戸)で、佐賀藩士の父江藤胤光と母浅子の長男として誕生。きょうだいは弟源作。

幼名は恒太郎、又蔵で、諱は胤雄、胤風、号は南白。朝臣としての正式な名のりは平胤雄(たいら の たねお)。

1-2、新平の子供時代

新平の先祖は肥前小城郡晴気保の地頭で九州千葉氏の遠祖である千葉常胤ということだが、江藤家は佐賀藩では「手明槍(てあきやり)」という、足軽に近いかなり低い身分の下級武士。新平は極貧のなかで、漢学の素養のあった母のもとで幼いころから弟とともに四書五経を学んだそう。

そして、嘉永元年(1848年)に15歳で元服して胤雄(たねお)と名乗り、藩校の弘道館へ入学、内生(初等中等)課程は成績優秀で学費の一部を官給されたが、父が、職務怠慢の咎で郡目付役を解職、永蟄居の処分を受けたため、生活はさらに困窮して外生課程に進学できず。副島種臣の兄で、儒学、国学者、昌平黌(しょうへいこう)出身の枝吉神陽(えだよししんよう)の私塾に学び、神道や尊皇思想に影響されたそう。このころ新平は窮乏生活を強がって、「人智は空腹よりいずる」が口癖だったということ。嘉永3年(1850年)に枝吉神陽が「義祭同盟」を結成したときは、新平も副島種臣、大隈重信、大木喬任、島義勇らとともに参加。

1-3、新平、蘭学を学び、「図海策」を起草

嘉永7年(1854年)、新平は藩命で城下に新設された蘭学校で蘭学を学び、蘭書から欧米の社会制度や技術水準の高さを知ったということ。

安政3年(1856)9月、江藤は23歳で「図海策」という意見書を起草。形勢、招才、通商、拓北の四章からなる長文で、形勢の章では、攘夷論は無謀だと指摘、通商の章では、まず開国して欧米諸国と通商を盛んにして国が富むことが重要と指摘し、国際社会に積極的に参加して国際正義を貫き、他国から敬服される国になるべきと解き、招才の章では人材登用が重要、拓北の章では経済的利益だけでなくロシアからの防衛のため蝦夷地(北海道)開拓をと提言。尚、新平はこの翌年、従妹の江口千代子と結婚。

1-4、新平、佐賀藩を脱藩

幕末の尊王攘夷運動が高まり、義祭同盟の面々のなかにも呼応する動きが出るように。京では、脱藩した副島種臣が王政復古論を唱え、有力公卿に建言し、江戸の昌平黌に留学中の中野万蔵は、儒学者で尊王論者の大橋訥庵(とつあん)に師事して大政奉還論を唱えていたが、文久2年(1862年)正月、坂下門外の変が勃発、事件の首謀者として大橋訥庵が投獄され関係者の中野万蔵も投獄後、獄死。

知らせを受け、新平は脱藩を決意。新平は自分で情報得て、藩論を「尊王倒幕」にするのが目的で、老公の鍋島閑叟(かんそう)の上洛を促そうとしたということ。文久2年(1862年)6月、29歳の新平は大木喬任に旅費を工面してもらい脱藩して京へ

1-5、新平の志士活動

新平は中野万蔵の友人だった久坂玄端に会うべく河原町二条の長州藩邸を訪ねたが、久坂は不在だったため、代わりに桂小五郎(木戸孝允)、伊藤俊輔(博文)に会ったということ。鎖国状態の佐賀藩脱藩者は珍しい存在だったため、桂は新平に関心を抱いて話を聞き、黒豆と呼ばれていた急進攘夷派の公卿姉小路公知(きんとも)卿に会わせてくれたそう。

1-6、新平、佐賀に帰藩

Nabeshima Naomasa.jpg
川崎道民 – (財)鍋島報效会 [1], パブリック・ドメイン, リンクによる

新平は約3か月の京の滞在で、桂小五郎(木戸孝允)らに会ったことが後々人脈に。そして京で見聞きした事を「京都見聞」として記録し、佐賀に帰って藩の同志らに見せ、さらに新平の身分から言えば雲の上の存在の藩主の父老公鍋島閑叟(かんそう)に届けばと願ったということ。

幕末の佐賀藩は老公鍋島閑叟のもとで独裁政治が行われ、他藩との交流は禁止。なので逆に新平の報告が貴重だったようで、普通ならば脱藩は死罪だったが、「京都見聞」を読んだ閑叟が新平を他日有用の器であるとし、藩主閑叟直々の判断で、文久3年(1863年)8月、永蟄居(無期謹慎)に罪を軽減。新平は蟄居後は寺子屋師匠などを務め、同士と密かに交流、幕府による長州征伐(幕長戦争)での出兵問題では老公閑叟への献言を行ったということ。

2-1、新平、京都に派遣され、戊辰戦争に参加

image by PIXTA / 43464461

そして4年後の慶応3年(1867年)、15代将軍徳川慶喜が大政奉還を行って幕府が消滅、12月に新平は蟄居を解除され、郡目付として復帰。薩摩藩と長州藩は暗殺された中岡慎太郎の仲介で公家の岩倉具視と結び、慶応3年(1867年)12月9日、王政復古の大号令を行い新政府が誕生。

佐賀藩も閑叟の判断で官軍側に参加することになり、新平は副島種臣とともに京都に派遣。新政府の要人となった三条実美や岩倉具視らと会ったところ、新平の情勢分析の鋭さ、知識の幅広さが評価されたということ。新政府軍は武器も人員も軍資金も足りない状態だったので佐賀藩の参加は歓迎され、戊辰戦争では新平は東征大総督府軍監に任命、土佐藩士の小笠原唯八と江戸へ偵察。そして薩摩藩の西郷隆盛と幕臣の勝海舟の会談で江戸無血開城が決定後、新平は江戸城内の文書類を接収することに。

その後は京都へ戻って、大木喬任と連名で岩倉具視に江戸を東京と改称すべき(東京奠都)と献言。そして江戸では旧幕臣らが中心になった彰義隊が活動、これに対して新平は長州の大村益次郎らとともに討伐を主張、上野戦争では軍監として参加。彰義隊勢を寛永寺周辺に追い詰め、佐賀藩所有のアームストロング砲を遠方射撃する戦術を駆使して勝利に貢献。新平は明治2年(1869年)、維新の功によって賞典禄100石を賜ったということ。

2-2、新平、明治新政府の官吏に

戊辰戦争が一段落した後、新平は新政府が設置した江戸鎮台で、長官の下の6人の判事の1人として会計局判事に任命されて、民政や会計、財政、都市問題などを担当。明治2年(1869年)7月、明治天皇が江戸へ行幸、江戸は東京と改称。

明治3年(1870年)1月、新平は佐賀に帰郷して準家老にあたる着座に就任し、藩政改革を行ったが、すぐに人員不足の中央政府に呼び戻されて同年11月に太政官中弁に就任。12月、虎ノ門で新平の藩政改革に不満だった佐賀藩の卒族に襲撃され、負傷したが回復。明治4年(1871年)2月には制度取調専務として国家機構の整備に従事し、大納言岩倉具視に対して30項目の答申書を提出。

次のページを読む
1 2 3
Share:
angelica