国語言葉の意味

ドラマや小説もご用達!「真実一路」の意味・使い方・類語・対義語をWEBライターが簡単にわかりやすく解説!

この記事では、「真実一路」について解説する。
もう語感からして「真実一路」は、いい意味しかなさそうですね。真実への道ってイメージを受けるが、その道がいったいなんなのかって聞かれると、ちょっとあやふやにしか答えられん。
そこで今回は、移り気グセがあって一途とは程遠いライターである、ぷーやんを呼んです。まるで対岸にあるような「真実一路」の意味と使われ方について、逆に俯瞰できてるでしょうから、説明してもらおうか。

ライター/ぷーやん

webライター歴7年。鍛えられた語彙と文章力は本業でも発揮され、社内ルールの書き換え担当に。なにかと熱しやすく冷めやすい性格だが、冷めるまでは徹底的にのめり込む。

「真実一路」の意味とは?

image by iStockphoto

さっそくですが「真実一路」について、辞書検索と例文で意味を押さえていきます。

「真実一路」を辞書でみてみよう!

「真実一路」を辞書で調べると、次のように書かれています。なお、読み方は「しんじついちろ」です。

偽りのない真心をもって一筋に進むこと。▽「真実」はまこと・ほんとうのこと。「一路」は一筋の道、一筋の道をまっすぐに、ひたすらの意。
出典:新明解四字熟語辞典(三省堂) 「真実一路」

「真実」は「嘘偽りのないこころ」を意味します。「一路」はまっすぐな道のイメージで、辞書にある通り「ひたすら」の比喩表現ですね。

「真実一路」の使い方を例文でみてみよう

辞書で言葉の意味を押さえたら、次は例文で使い方を把握していきましょう。

1.「真実一路」に勉強に励んだ彼は驚くほどテストで点数を取れるようになり、模試の全科目平均点が15%上がった。
2.なにかに「真実一路」に打ち込んでいる人は、内面が大きく変わっていることがある。直近では目に見えた成果がないからと油断していると、気づいたときには埋められないほど差が開いているものだ。

例文1は、筆者の同級生の実話です。そして例文2はその結果のお話。中学時代は同じくらいの成績だった『彼』は、高校でずいぶんと頑張ったようです。大学受験を控える頃には、『彼』は旧帝大を射程圏にしていました。

「真実一路」に類義語はある?

image by iStockphoto

ある言葉の意味について知るとき、その関連語を調べておくことは、より深い理解につながります。「真実一路」の類義語には、どんなものがあるでしょうか。

一意専心:一つのことに注力する

漢字を一つずつに分解して文を作ると、『心を専ら(もっぱら)一つの意(考え)に集中する』となります。「一筋にすすむ」ニュアンスをもつ「真実一路」の類義語として、適切といえるでしょう。

一心不乱:こころを乱さずに集中する

よく聞く表現ではないでしょうか。目標に向かって、がむしゃらに突き進んでいく様子が想像できますね。

全身全霊を傾ける:すべての力を注ぎ込む

一点集中で全力投球するような、短距離走的なイメージの言葉です。どちらかというと長距離走的な「真実一路」とは、力の入れ方にすこしの違いを感じられます。

「真実一路」の対義語2選!

類義語の次は、対義語を2つご紹介します。

\次のページで「意志薄弱:決断や我慢ができない様子」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: