英訳英語

【英語】「モーニングコール」は英語でどう表現する?「モーニングコール」の英訳や使い方・事例をドラゴン桜桜木と解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「モーニングコール」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「wake-up call」だが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

個別指導塾で受験生の指導経験が豊富なライターさとみあゆを呼んだ。一緒に「モーニングコール」の英訳や使い方を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

maakn

ライター/さとみあゆ

個別指導塾で多くの受験生を指導してきた経験を持つ。そのノウハウを駆使し、受験生だけでなく社会人にも「使える英語」を伝授する。

「モーニングコール」の意味と使い方は?

「モーニングコール」とは、ホテルなどの宿泊施設が提供しているサービスの一つです。朝早く起きなければならない時などに利用したことがある人も多いのではないでしょうか。

それでは、「モーニングコール」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「モーニングコール」の意味

「モーニングコール」には、次のような意味があります。

ホテルなどで、客から指定された時間に電話を掛けて起こすこと。ウエークアップコール。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「モーニングコール」

「モーニングコール」の使い方・例文

朝早くから仕事などの用事がある場合、自宅なら目覚まし時計がありますが、ホテルでは「モーニングコール」が便利ですね。少し意味が転じて、友人や離れて暮らす家族などに電話で起こしてもらうことをモーニングコール」と呼ぶことも

次に「モーニングコール」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.明日の朝は早起きしなければならないので、モーニングコールを頼んでおこう。
2.スマホのアラーム機能を使えば、モーニングコールをお願いする必要もないよ。
3.(友人に)今日の夜は遅くまで勉強をするから、明日の朝モーニングコールしてくれない?

次のページを読む
1 2 3
Share:
maakn