国語言葉の意味

【四字熟語】「同工異曲」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「同工異曲」について解説する。

端的に言えば同工異曲の意味は「見かけは異なっているように見えて、中身はほとんど同じこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「同工異曲」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「同工異曲」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「同工異曲(どうこういきょく)」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。語源から意味、さらには転じた意味合いまで知っておくと正確に把握できますよ。また、「異曲同工」と表すこともあります。

「同工異曲」の意味は?

「同工異曲」には、次のような意味があります。もとの意味と転じたほうの意味合いには、やや違いがあるので注目しながら見ていきましょう。

1.詩文などを作る技量は同じであるが、趣が異なること。転じて、音楽を演奏する手法は同じであるが、味わいは異なること。
2.外見は違っているようだが、内容は同じであること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

意味の1.のほうは、詩文を作ったり音楽を演奏したりする手際が同じであっても、趣など表されたものは少し違いがあるということです。逆に言うと、できあがったものに少し違いが見られても、完成までの手法や手際は同じであるということになります。

そこから転じたのが2.のほうの意味です。完成したものと途中の手際を外見と中身に例えて、外見が違って見えても中身は同じという意味合いになっていますよ。

「同工異曲」の語源は?

次に「同工異曲」の語源を確認しておきましょう。中国の唐の時代に韓愈(かんゆ)が著した「進学解(しんがくかい)」がもとになっていますよ。

「進学解」では「子雲、相如、同工異曲」という記述があります。子雲と相如は前漢の時代に生きた人物で、いずれも先人の大作に模した作品を書いたとされていますよ。それぞれ、できあがった作品は趣の違うものですが、もとの倣った大作は同じものだということです。これらの話が由来とされています。

次のページを読む
1 2 3
Share:
yamato810