国語言葉の意味

【四字熟語】「一挙両得」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「一挙両得」について解説する。

端的に言えば一挙両得の意味は「一つの行動で二つの利益を得る」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

年間60冊以上本を読み込んでいるヤマゾーを呼んだ。一緒に「一挙両得」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤマゾー

ビジネス本を中心に毎年60冊読破。本を通じて心に響く生きた日本語を学ぶ。誰にでも分かりやすい説明で四字熟語を解説していく。

「一挙両得」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「一挙両得」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「一挙両得」の意味は?

「一挙両得」には、次のような意味があります。

一つの事を行って、同時に二つの利益を得ること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「一挙両得」

「一挙両得」は「いっきょりょうとく」と読みます。「一挙」は「1回の行動」や「いっぺんに」という意味。よくテレビで「一挙放送」と耳にしたことがあるのではないでしょうか。さらに「両得」は漢字の通り、一度に二つの利益が得られる、もしくは両者が得をしたという意味。二つの言葉を合わせて、1回の行動で二つの利益を得たという四字熟語になるのです。

「利益を得た」と言っても、商売の儲けといった利益だけではありません。1つの行動により、2つの出来事が上手く行った場合にも使うことができます。たとえば、ダイエットを頑張ったら健康になれただけでなく、自信がついて気持ちが前向きになれたとしましょう。「ダイエット」という1つの行動によって、「健康」と「自信」の2つを手に入れることができました。まさに「一挙両得」といえますね。

「一挙両得」の語源は?

次に「一挙両得」の語源を確認しておきましょう。「一挙両得」は、中国の歴史書「戦国策」に載っていた故事が最初だったと言われています。「戦国策」では「一挙両附」という言葉で登場しました。そして、のちに「晋書(しんじょ)」にて、今でも使われている「一挙両得」になったのです。

「戦国策」が作られた時代は、中国はまさに戦国時代全盛期。秦国が「蜀(しょく)」と「韓(かん)」どちらに攻め込もうか悩んでいたのです。「韓」は小さい国なので、一気に領土を奪うことが可能でした。ところが、当時の将軍は「蜀」を先に攻め込もうと提案。なぜなら、当時の秦国は領土が少なく、民も困窮していたからです。ならば、広大な土地がある「蜀」を先に奪えば、秦国も豊かになり、民に危害を与えなければ「蜀」も服従するだろうと考えました。1つの軍隊を動かすだけで2つ手に入る。「一挙両得」だと将軍は説明して、秦国の王を納得させたのです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: