受験勉強は「一挙両得」だと思ってるんですね。もちろん勉強をすることで学力や知識が身につきますが、ただそれだけではありません。目標に向かって努力する力や我慢する忍耐力も受験勉強で身に付けられるんですね。

ところで、「一挙両得」の意味は理解していますか?この「一挙両得」は「一つの行動によって同時に二つの利益を得ること」という意味の四字熟語です。

今回はその「一挙両得」について、院卒日本語教師の筆者が解説していきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間働き、日本で大学院修士課程修了の日本語教師。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「一挙両得」の意味や語源は?

image by iStockphoto

「一挙両得」という言葉、日常会話ではあまり使わないかもしれません。ただ、覚えておくと便利な言葉ですよ。まずは、その「一挙両得」の意味と語源を確認していきましょう。

「一挙両得」の意味は「一つの行動によって同時に二つの利益を得ること」

まず最初に「一挙両得」の辞書での意味を確認していきましょう。「一挙両得」は次のような意味が国語辞典に掲載されています。

一つの行動によって同時に二つの利益を得ること。一石二鳥。

出典:明鏡国語辞典 第二版(大修館書店)「いっきょ-りょうとく【一挙両得】ーリャウトク」

「一挙両得」は、「一つの行動によって同時に二つの利益を得ること」という意味の四字熟語です。ある一つの行動によって二つの成果が得られたり、二つの良いことがあったりした場合に使用される表現ですね。類義語のコーナーで紹介する「一石二鳥」とともに、よく使用される表現です。

「一挙両得」の語源は古代中国にあり!

この「一挙両得」の語源は古代中国にあります。「一挙両得」は古代中国の『晋書』の中に登場する故事がきっかけだと考えらていますね。

その故事は、晋の国の束晳(そくせき)という男が、国の農業振興について、「辺地の広大な土地を開拓した後に、また現在の地に戻ってくることを許可すれば、いずれの農地も充実するから一挙両得になる」と建議した…というものです。これが「一挙両得」の大元となった使用例ではないかと考えられています。

\次のページで「「一挙両得」の使い方を例文とともに確認!」を解説!/

「一挙両得」の使い方を例文とともに確認!

image by iStockphoto

続いて、「一挙両得」の使い方を例文とともに確認していきましょう。「一挙両得」は次のような形で使用されます。

1.宅配便のアルバイトをしているが、お金ももらえるし身体も鍛えられるしで一挙両得だ。
2.早寝早起きをすると、身体の調子も良く有効に使える時間もたくさんあるので一挙両得だね。
3.このシステムを使えば、税務署にバレずにうちの会社もあんたの会社も利益を上げることができる。一挙両得だろ?

例文1では、「宅配便のアルバイトをする」という一つの行動から、「お金がもらえる」「身体が鍛えられる」という二つの良いことがあることが、「一挙両得」を用いて表現しています。

例文2では、「早寝早起き」という一つの行動から、「身体の調子が良くなる」「有効に使える時間がたくさんある」という二つの利益が得られることを「一挙両得」を使用して表現していますね。

例文3では、「このシステムを使う」という一つの行動から、「税務署にバレずに自分の会社の利益が上がる」「税務署にバレずに相手の会社の利益も上がる」という二つの利点があることを表現しています。この利点や利益は、「自分たちにとって利益かどうか」が基準なので、例文3のような犯罪まがいの行為にも使用することが可能です。

「一挙両得」の類義語は?

次に、「一挙両得」の類義語を確認していきましょう。「一挙両得」の類義語は「一つを放って二つを得る」「一石二鳥」です。意味やニュアンスを確認し、「一挙両得」と比較してみましょう。

「一つを放って二つを得る」:一つの行動によって同時に二つの利益を得る

一つを放って二つを得る」は「一つの行動によって同時に二つの利益を得る」という意味のことわざです。狩りの時にはなった一つの矢が、二つの獲物を射ち落した…このような場面から来ていることわざでしょう。「一挙両得」とは意味やニュアンスの違いは一切ありません

\次のページで「「一石二鳥」:一つの行為で二つの利益を得る」を解説!/

「一石二鳥」:一つの行為で二つの利益を得る

「一石二鳥(いっせきにちょう)」は「一つの行為で二つの利益を得る」という意味の四字熟語です。狩猟の際に一つの石を投げて、二羽の鳥を射落とした…このような場面から来ています。そして、実はこの「一石二鳥」は、日本や中国が由来の言葉ではありません。後ほどご紹介するように、英語などの西洋のことわざが語源です。

なお、「一挙両得」と意味やニュアンスの違いはありません

「一挙両得」の対義語は?

次に、「一挙両得」の対義語を紹介します。「一挙両得」の対義語は「二兎を追う者は一兎をも得ず」です。意味やニュアンスを確認し、「一挙両得」と比較してみましょう。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」

「二兎(にと)を追う者は一兎(いっと)をも得ず」は、「同時に二つのことをしようとすると、結局は二つとも失敗してしまう」という意味のことわざです。二つの利益を求めて二つの行動を同時に起こしても、結局はどちらも中途半端になり失敗する…というニュアンスですね。一つの行動から二つの利益を得る「一挙両得」とは、まさに対義語と言えるでしょう。

「一挙両得」の英語表現は?

image by iStockphoto

続いて、「一挙両得」の英語表現を確認していきましょう。「一挙両得」の英語表現は、類義語のコーナーでご紹介した通り、「一石二鳥」のもとになったことわざです。「Kill two birds with one stone」が、そのことわざですね。

「Kill two birds with one stone」

「Kill two birds with one stone」は「一石二鳥」のもとになった英語のことわざです。直訳すると「一つの石で二羽の鳥を殺す」となります。「一石二鳥」と「一挙両得」の意味やニュアンスは同じですので、「一挙両得」の訳語としても、「Kill two birds with one stone」は適切だと言えるでしょう。

1.Waking up early is a good use of time and good for your health, so it kills two birds with one stone.
早起きは時間を有効活用できるし、健康にも良いので一挙両得だ。

2.Delivery jobs make money and train the body. It is truly killing two birds with one stone.
配達員の仕事はお金も稼げるし身体も鍛えられる。まさに一挙両得だ。

\次のページで「まずは行動しないと良いことは起こりません!「一挙両得」」を解説!/

まずは行動しないと良いことは起こりません!「一挙両得」

今回は「一挙両得」について解説しました。「一挙両得」は「一つの行動によって同時に二つの利益を得ること」という意味の四字熟語です。西洋のことわざが由来の「一石二鳥」と同じ意味・ニュアンスですが、「一挙両得」は中国が由来ですね。

しかし、どんなに良いことがあってほしいと願っても、自ら行動しない限りはなかなか良いことは起きません。まずは行動しましょう!

" /> 一つの行動で二つの得!「一挙両得」の意味や類義語などを院卒日本語教師がわかりやすく解説 – Study-Z
国語言葉の意味

一つの行動で二つの得!「一挙両得」の意味や類義語などを院卒日本語教師がわかりやすく解説

受験勉強は「一挙両得」だと思ってるんですね。もちろん勉強をすることで学力や知識が身につきますが、ただそれだけではありません。目標に向かって努力する力や我慢する忍耐力も受験勉強で身に付けられるんですね。

ところで、「一挙両得」の意味は理解していますか?この「一挙両得」は「一つの行動によって同時に二つの利益を得ること」という意味の四字熟語です。

今回はその「一挙両得」について、院卒日本語教師の筆者が解説していきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間働き、日本で大学院修士課程修了の日本語教師。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「一挙両得」の意味や語源は?

image by iStockphoto

「一挙両得」という言葉、日常会話ではあまり使わないかもしれません。ただ、覚えておくと便利な言葉ですよ。まずは、その「一挙両得」の意味と語源を確認していきましょう。

「一挙両得」の意味は「一つの行動によって同時に二つの利益を得ること」

まず最初に「一挙両得」の辞書での意味を確認していきましょう。「一挙両得」は次のような意味が国語辞典に掲載されています。

一つの行動によって同時に二つの利益を得ること。一石二鳥。

出典:明鏡国語辞典 第二版(大修館書店)「いっきょ-りょうとく【一挙両得】ーリャウトク」

「一挙両得」は、「一つの行動によって同時に二つの利益を得ること」という意味の四字熟語です。ある一つの行動によって二つの成果が得られたり、二つの良いことがあったりした場合に使用される表現ですね。類義語のコーナーで紹介する「一石二鳥」とともに、よく使用される表現です。

「一挙両得」の語源は古代中国にあり!

この「一挙両得」の語源は古代中国にあります。「一挙両得」は古代中国の『晋書』の中に登場する故事がきっかけだと考えらていますね。

その故事は、晋の国の束晳(そくせき)という男が、国の農業振興について、「辺地の広大な土地を開拓した後に、また現在の地に戻ってくることを許可すれば、いずれの農地も充実するから一挙両得になる」と建議した…というものです。これが「一挙両得」の大元となった使用例ではないかと考えられています。

\次のページで「「一挙両得」の使い方を例文とともに確認!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: