国語言葉の意味

【四字熟語】「夢幻泡影」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「夢幻泡影」について解説する。

端的に言えば「夢幻泡影」の意味は「人生ははかないものであること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

学習塾経営者で国語が得意なぼすこを呼んだ。一緒に「夢幻泡影」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ぼすこ

国立大学教育学部卒業後、学習塾を経営。読書好きが高じて蓄えた幅広い知識と、得意教科である国語力で、四字熟語をわかりやすく解説していく。

「夢幻泡影」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「夢幻泡影」の意味や語源・使い方など、基本的な内容を押さえていきましょう。

「夢幻泡影」の意味は?

「夢幻泡影」について、辞書には次のように記されています。

1.人生は、夢や幻、泡や影のように儚いものであるということ。

出典:大辞林第三版(三省堂)「夢幻泡影」

「夢幻泡影」は、それぞれ儚くパッと消えてしまうようなものを表した漢字を集めてできた四字熟語です。

目が覚めれば消えてしまう「夢」、実在しないのにあるかのように見える「幻」、できたかと思えばすぐに水に溶けてしまう「泡」、光の加減で現れたり消えたり「影」。

どれも実態の掴めない不確かなものばかりですね。それらと同じように、私たち人間の人生も同じように儚いものである、という意味をとてもわかりやすく表現しています。

「夢幻泡影」は、仏教の教えを元にできた四字熟語。そのため、読み方が少し変わっています。「影」の漢字は普通に読むと「えい」ですよね。しかし、仏教では「影」を「よう」と読むことがあるため、「夢幻泡影」も「むげんほうよう」と読みます。「むげんほうえい」でも間違いではないですが、元の読み方をきちんと知っておくと、わかる人には「おっ」と思ってもらえるポイントでしょう。ぜひ気をつけて覚えておきたいですね。

「夢幻泡影」の語源は?

「夢幻泡影」の意味を確認したところで、次にその語源についても見ていくことにしましょう。

「夢幻泡影」の語源は、3世紀以前に大乗仏教の経典として成立した金剛般若経。402年には漢訳されたこの経典の最後に載っているのが、「夢幻泡影」の元になった一節です。その一節がこちら。「一切有為法 如夢幻泡影 如露亦如電 応作如是観(いっさいのういのほう むげんほうようのごとし つゆのごとくまたかみなりのごとく まさにかくのごときかんをなすべし)」

この世のすべてのものは実体のない仮の姿でずっとあるものではないというのに、それをまことのものであり永遠であると勘違いすることから執着してしまう。すべては夢幻泡影だという観念を持たねばならない」という教えです。簡単にすると、「世の中のものに執着しないためにも、すべては儚く消えてしまうものだと思っておくべきだ」というところでしょうか。ついついいろんな欲にとらわれてしまう私には、実に耳が痛いお言葉です。

次のページを読む
1 2 3
Share: