国語言葉の意味

【四字熟語】「大同小異」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校講師が解説!

大会に向けてメンバーが選抜されたが、みんな五十歩百歩だ。

「大同小異」の対義語は?

「大同小異」の対義語は「大異小同」です。

「大異小同」

「大異小同(だいいしょうどう)」は「細かい点では同じだが、大きくみれば異なる」こと。

「大同小異」とは逆に「ほとんど違う」ということが伝えたい時に使う言葉です。「大同小異」ほどはメジャーでないためか、掲載されていない辞書もありました。

意味は真逆と覚えてしまえば簡単です。「大同小異」をまずは押さえてしまいましょう。

彼らの主張は大異小同で、最終的にお互いが納得するのは難しいように思えた。

「大同小異」の英訳は?

image by iStockphoto

次に大同小異の英語訳をご紹介します。

意味として「ほとんど同じ」か、「違いがほとんどない」という表現が出来ていれば良いでしょう。

ここでは、「nearly alike」と「be not much difference」を挙げて解説します。

「nearly alike」

「alike」は「同様に」という意味の形容詞/副詞です。そこに「ほとんど」と修飾語「nearly」をつけることで表現しています。これで「ほとんど同じ」という意味になりますね。

「nearly」は「almost」などと入れ替えても問題ありません。

A and B are nearly alike.
AとBは、ほとんど同じです。

「be not much difference」

こちらは「異なる」という意味の名詞「difference」に、「そんなに~でない」という否定の「not much」をつけて、「そんなに違いはない」と表現します。

「nearly alike」と比べて、「ほとんど同じ」と言いたいのか「そんなに違いはない」と言いたいのか、文脈で判断して使い分けるようにしましょう。

There are not much difference.
そんなに違いはありません。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「大同小異」という言葉について理解が深まったな。細かい言い回しや文脈に応じた使い方ができると、よりいいだろう。どれも「大同小異」だなんて思っていると、レベルアップできないぞ。

「大同小異」を使いこなそう

この記事では「大同小異」の意味・使い方・類語などを説明しました。

何かと何かを比べれば違いが見えてきますね。それを「大同小異」だと評価していいかどうかは状況次第でしょうか。

受験勉強では、そのほんの少しの違いが合格に繋がることもあります。できるだけ小さい点でも疎かにせず、しっかり学んでいきましょう。

1 2 3
Share: