「大同小異」という言葉、はっきりと意味をご存じですか?意外と使われる言葉です。今回はその「大同小異」について、院卒日本語教師の筆者が解説していきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間働き、日本で大学院修士課程修了の日本語教師。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「大同小異」の意味や使い方は?

image by iStockphoto

「大同小異」という言葉、聞いてもピンとこない人が多いかもしれません。ただ、意外と使われている言葉であることも間違いありません。まずは、その「大同小異」の意味と使い方を見ていきましょう。

「大同小異」の意味は「全体的にほぼ同じ」

最初に、「大同小異」の辞書での意味を確認していきましょう。国語辞典には「大同小異」は次のような意味が掲載されています。

細部の違いはあるが全体的にはほぼ同じであること。

出典:明鏡国語辞典 第二版(大修館書店)「だいどう-しょうい【大同小異】―セウイ」

「大同小異(だいどうしょうい)」は「若干の細かい部分の違いはあるが全体的にほぼ同じ」という意味の四字熟語です。ニュアンスとしては、マイナスのニュアンスで使われる場合がやや多いですが、プラスのニュアンスでも使用できます。この点は次の使い方の項目で見ていきましょう。

注意点は漢字ですね。「大同小異」は「同」と「異」という対義のペアの漢字を組み合わせてできた四字熟語です。よって「大同小」と書くのは間違いになります。気をつけましょう。

「大同小異」の使い方を例文とともに確認!

では、「大同小異」の使い方を例文とともに確認していきましょう。例文から、どのようなニュアンスや文脈で使われているかをよく確認してみてください。

\次のページで「「大同小異」の類義語は?」を解説!/

1.スマホの通信料を節約したくて、格安SIM会社を色々比較したが、どこも今使っている会社と大同小異だ。
2.校則の改正について教師側の意見も集めているが、どれも大同小異の内容で生徒のことを全く考えていない。
3.基礎英語のテキストを探しているのだが、内容や値段はどれも素晴らしく大同小異だ。

「大同小異」を使用する上で注意が必要なのはそのニュアンスです。例文1と2が特にわかりやすいでしょう。

例文1は、スマホの格安SIMについての話です。今のSIMの会社から新しい格安SIM会社に乗り換えたいと思うものの、「どこの格安SIM会社も今使用している会社のものと大して変わらない」という、マイナスのニュアンスで使用されています。例文2では、教師側の意見を批判する文脈において、「教師の意見はどれも大差ない」というマイナスのニュアンスで「大同小異」が使用されていますね。このように、「大同小異」はマイナスのニュアンスで使用される方がやや多いです。

そして、例文3のようにプラスのニュアンスでももちろん使用できます。そしてプラスともマイナスとも取れないようなニュアンスでも、もちろん使用可能です。

「大同小異」の類義語は?

image by iStockphoto

次に「大同小異」の類義語を確認していきましょう。「大同小異」の類義語は「五十歩百歩」「団栗の背比べ」「どっこいどっこい」です。意味を確認し、「大同小異」との比較を行っていきます。

「五十歩百歩」:わずかな違いはあれど、本質的に同じ

「五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ・ごじゅっぽひゃっぽ)」は「わずかな違いはあっても、本質的には同じであること」を表すことわざです。「五十歩を以て百歩を笑う」という言い方をする場合もあります。何かを比較する際に、どれも大して違いがないということを表す表現です。

「大同小異」と意味の違いはありませんが、「五十歩百歩」はプラスのニュアンスで使われることはありません。例えば、優れた人物やものを比較する際に「夏目漱石も太宰治も、そして芥川竜之介もとても優れた作品を残しており、その実力は五十歩百歩だ」といった使い方はできないので注意しましょう。

「団栗の背比べ」:どれこれも似たり寄ったり

「団栗の背比べ(どんぐりのせいくらべ)」は「どれもこれも似たり寄ったりで、特に優れたものがないこと」を表すことわざです。何かを比較する際に、どれも大して違いがないということを表す表現という点では、「大同小異」や「五十歩百歩」と同じですね。

「大同小異」との違いは、意味に既に示されている通り、比較対象のものの中に「特に優れたものはない」というマイナスのニュアンスが入っていることです。

\次のページで「「どっこいどっこい」両者とも同じくらいで優劣つけがたい」を解説!/

「どっこいどっこい」両者とも同じくらいで優劣つけがたい

「どっこいどっこい」は「両者とも同じくらいで優劣がつけがたい様子」を表す慣用表現です。何かを比較する際に、どれも大して違いがないということを表す表現という点では、「大同小異」や「五十歩百歩」「団栗の背比べ」と同じですね。

「どっこいどっこい」はプラスのニュアンスでもマイナスのニュアンスでも使用可能です。よって「大同小異」との意味やニュアンスの違いは、ほぼないと言えるでしょう。

「大同小異」の対義語は?

次に、「大同小異」の対義語をご紹介します。「大同小異」の対義語は「大異小同」です。漢字が入れ替わっただけで見た目がややこしいですね…。意味やニュアンスを確認していきましょう。

見た目がそっくり!取り違え注意!「大異小同」

「大異小同(だいいしょうどう)」は「細かい点では一致するが、大きな点では全く異なっていること」という意味の四字熟語です。「大同小異」とは漢字を一部入れ替えただけの表現ですので、ややこしいですね。「異」と「同」の位置を入れ替えただけで全く逆の意味になるのです。なお、「大同小異」ほどはよく使われません。

「大同小異」の英語表現は?

image by iStockphoto

続いて、「大同小異」の英語表現を確認していきましょう。「大同小異」の英語表現は「be not much difference」「be not much different」です。意味と例文を確認していきましょう。

「be not much difference」「be not much different」:ほとんど違いはない

「be not much difference」「be not much different」は「ほとんど違いはない」という意味の英語表現です。「大同小異」は「若干の細かい部分の違いはあるが全体的にほぼ同じ」という意味ですので、訳語として適切でしょう。例文は以下の通りです。

\次のページで「”大”体”同”じで”小”さい所だけ”異”なる…「大同小異」」を解説!/

1.We asked three translation service companies to translate a sample manuscript, and the quality of the translations of all of them was not much difference.
我々は3つの翻訳サービス会社にサンプル原稿の翻訳を依頼したが、翻訳の質は大同小異だった

2.Their hitting skills are not much different.
彼らの打撃技術は大同小異の差しかない

”大”体”同”じで”小”さい所だけ”異”なる…「大同小異」

今回は「大同小異」について解説しました。「大同小異」は「若干の細かい部分の違いはあるが全体的にほぼ同じ」という意味の四字熟語です。「大体同じで小さいところだけ異なる」と覚えるとよいでしょう。対義語の「大異小同」は「同」と「異」の字を入れ替えただけの表現ですので、取り違えのないようにしてくださいね。

" /> 漢字の並び順で意味が反対に?「大同小異」の意味や類義語・対義語などを院卒日本語教師がわかりやすく解説 – ページ 3 – Study-Z
国語言葉の意味

漢字の並び順で意味が反対に?「大同小異」の意味や類義語・対義語などを院卒日本語教師がわかりやすく解説

「どっこいどっこい」両者とも同じくらいで優劣つけがたい

「どっこいどっこい」は「両者とも同じくらいで優劣がつけがたい様子」を表す慣用表現です。何かを比較する際に、どれも大して違いがないということを表す表現という点では、「大同小異」や「五十歩百歩」「団栗の背比べ」と同じですね。

「どっこいどっこい」はプラスのニュアンスでもマイナスのニュアンスでも使用可能です。よって「大同小異」との意味やニュアンスの違いは、ほぼないと言えるでしょう。

「大同小異」の対義語は?

次に、「大同小異」の対義語をご紹介します。「大同小異」の対義語は「大異小同」です。漢字が入れ替わっただけで見た目がややこしいですね…。意味やニュアンスを確認していきましょう。

見た目がそっくり!取り違え注意!「大異小同」

「大異小同(だいいしょうどう)」は「細かい点では一致するが、大きな点では全く異なっていること」という意味の四字熟語です。「大同小異」とは漢字を一部入れ替えただけの表現ですので、ややこしいですね。「異」と「同」の位置を入れ替えただけで全く逆の意味になるのです。なお、「大同小異」ほどはよく使われません。

「大同小異」の英語表現は?

image by iStockphoto

続いて、「大同小異」の英語表現を確認していきましょう。「大同小異」の英語表現は「be not much difference」「be not much different」です。意味と例文を確認していきましょう。

「be not much difference」「be not much different」:ほとんど違いはない

「be not much difference」「be not much different」は「ほとんど違いはない」という意味の英語表現です。「大同小異」は「若干の細かい部分の違いはあるが全体的にほぼ同じ」という意味ですので、訳語として適切でしょう。例文は以下の通りです。

\次のページで「”大”体”同”じで”小”さい所だけ”異”なる…「大同小異」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: