国語言葉の意味

【四字熟語】「一粒万倍」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「一粒万倍」について解説する。

端的に言えば一粒万倍の意味は「小さなことから大きな成果を得る」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

学習塾経営者で国語が得意なぼすこを呼んだ。一緒に「一粒万倍」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ぼすこ

国立大学教育学部卒業後、学習塾を経営。読書好きが高じて蓄えた幅広い知識と、得意教科である国語力で、四字熟語をわかりやすく解説していく。

「一粒万倍」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「一粒万倍」の意味や語源・使い方など、基本的な内容を押さえていきましょう。

「一粒万倍」の意味は?

「一粒万倍」について、辞書には次のように記されています。

1.わずかなものが非常に大きく成長することのたとえ。また、少しでも粗末にできないという気持ちをも表す。
2.稲の別名

出典:デジタル大辞泉(小学館)「一粒万倍」

「一粒万倍」の「一粒」は、「ひとつぶ」と読みますね。この一粒は、お米のことを指します。一粒のお米を植えると、成長して万倍にも実る、ということから、「少しのものから大きく成長させる」といったことをたとえるようになりました。

よく目にする「一粒万倍日」も、大きく成長させることを願って、新しい財布の使い始めや、新事業のスタート、引っ越しなど物事の始まりに良い日であるとされているのです。

また、一粒のお米が万倍にもなるのだから、一粒でも無駄にするべきではない、というところから、少しも粗末にすべきでない、という気持ちを表現するのにも使われます。

「一粒万倍」の語源は?

「一粒万倍」の意味を確認したところで、次にその語源についても見ていくことにしましょう。

2〜3世紀ごろ、インドから伝わり中国語に訳された「報恩経(ほうおんきょう)」という仏典。この中に出てくる「世間に利を求むるは、田を耕す者に先んずるはなし。一を種えて万倍す。」という文言が「一粒万倍」の語源となっています。日本で「一粒万倍」という四字熟語の形になったのは、16世紀ごろです。

語源と同じく、「一粒万倍日」も中国が起源となっており、昔の中国で使われていたカレンダーには、「一粒万倍日」がいつなのか、記載されていたそう。現在使われている暦には載っていませんが、天赦日などの吉日と同様、大事にされてきたことがらなのでしょう。今も昔も幸運を呼び込むことにはみなさん余念がないですね。

次のページを読む
1 2 3
Share: