日本史

日本最初のファンタジー作家といわれる「滝沢馬琴」をわかりやすく歴女が解説

よぉ、桜木健二だ、今回は滝沢馬琴を取り上げるぞ。江戸後期の有名作家だったっけ、どんな人だったか詳しく知りたいよな。

その辺のところを江戸時代が大好きなあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

angelica

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている歴女、江戸時代についても興味津々。例によって昔読んだ本を引っ張り出しネット情報で補足しつつ、滝沢馬琴について5分でわかるようにまとめた。

1-1、滝沢馬琴は江戸の生まれ

image by PIXTA / 40150563

滝沢馬琴(たきざわ ばきん)は、明和4年(1767年)、江戸深川(現江東区平野一丁目)の旗本松平信成の屋敷で誕生。父は松平家の用人の滝沢運兵衛興義で母は門、馬琴は5男だったが、兄2人が早世したので実質3男だったそう。きょうだいは5人で長兄興旨、次兄興春と妹2人。 幼名は春蔵のち倉蔵、通称は左七郎、瑣吉(さきち)。元服後は興邦(おきくに、)で、後に解(とく)と改名。

1-2、馬琴の号について

馬琴は作家となってからは、著作堂主人(ちょさどうしゅじん)などのほか、笠翁(りつおう)、篁民(こうみん)、蓑笠漁隠(さりつぎょいん)、飯台陳人(はんだいちんじん)、玄同(げんどう)など、多くの号を持ち、用途によって使い分けていたということ。

、滝沢馬琴は明治以降に広まった名前で、本人の存命中は使われなかったそうで、戯作者としての「曲亭馬琴」(きょくてい)が正しい呼び方というのが専門家の意見。そして曲亭馬琴という戯号は、馬琴自身が「漢書」陳湯伝の「巴陵曲亭の陽に楽しむ」という山の名からと、「十訓抄」の小野篁(おののたかむら)の「索婦詞」の一節である「才馬卿に非ずして、琴を弾くとも能はじ」から取ったと説明。曲亭馬琴のペンネームが初めて使われたのは、寛政5年(1793年)作の「花団子食気物語(はなよりだんごくいけものがたり)」の山東京伝(さんとうきょうでん)による序で明記されたときだということ。

また、「くるわでまこと」(廓で誠)、遊廓でまじめに遊女に尽くす野暮な男という意味もあるという説も。

1-3、馬琴の子供時代

馬琴は子供の頃から兄たちとともに父にみっちりと漢書などを習ったということだが、絵草紙などの文芸を読むのが好きで、7歳で発句を詠んで才能を発揮

しかし安永4年(1775年)、馬琴9歳の時に父が喀血して急死。長兄の興旨が17歳で家督を継いだが、主家は俸禄を半減させたため、翌安永5年(1776年)に興旨は家督を10歳の馬琴に譲って、松平家を去り戸田家に仕官。次兄の興春はすでに他家に養子に出、母と妹も長兄興旨と戸田家に移ったため、松平家には馬琴一人が残り、主君の孫八十五郎(やそごろう)に小姓として仕えたが、八十五郎の癇性にがまんできず、安永9年(1780年)、14歳の時に松平家を出て母や長兄のところへ

1-4、馬琴、俳諧を始める

天明元年(1781年)、14歳の馬琴は叔父のもとで元服、左七郎興邦と名乗り、俳諧に親しんでいた長兄興旨(俳号は東岡舎羅文)と越谷吾山に師事、俳諧の道に。17歳のときには越谷吾山撰の句集「東海藻」に3句が収録され、このときはじめて馬琴の号を用いたそう。そして天明7年(1787年)、21歳の時、俳文集「俳諧古文庫」を編集。

また、馬琴は医師の山本宗洪、山本宗英親子に医術を、儒者黒沢右仲、亀田鵬斎に儒書を学んだが、医術よりも儒学が得意だったよう。
馬琴は長兄の紹介で戸田家の徒士を務めるも尊大な性格で長続きせずに、その後も武家の渡り奉公を転々とし、放蕩無頼の放浪生活を送り、天明5年(1785年)の、母の臨終でも馬琴の所在がわからず、兄たちが探してようやく間に合うていたらくで、自分でも「放逸にして行状を修めず、故に母兄歓ばず」とのちに回想。

また、貧困の中で次兄が急死など、周囲にも不幸が続いたということ。

2-1、馬琴、戯作者としての出発

馬琴は11、12歳ころまでは浄瑠璃本を読んだり、後に草双紙、軍書、実録なども読み漁り、芝居へ足を運んだなど素地はあったらしく、寛政2年(1790年)、24歳の時に29歳で当時戯作者として人気絶頂だった山東京伝を訪れ、弟子入りを志願。しかし京伝に弟子入りを断られ、親しく出入りするのは許されたということ。

そして馬琴は寛政3年(1791年)正月、当時、江戸で流行していた壬生狂言を題材に、「京伝門人大栄山人」というペンネームで、黄表紙(現代の漫画に通じる大人向けの絵本)の処女作「尽用而二分狂言」(つかいはたしてにぶきょうげん)を刊行、戯作者としてデビュー。この年、京伝は松平定信の寛政の改革のあおりを食って手鎖の刑を受け、戯作を控えることに。またこの年の秋、洪水で深川の家を失った馬琴は京伝の食客となり、京伝の草双子本「実語教幼稚講釈」(寛政4年刊)の代作を手がけて、江戸の版元や本屋にも馬琴の名が知られるようになったそう。
馬琴は寛政4年(1792年)3月、有名な版元の蔦屋重三郎(つたやじゅうざぶろう)に見込まれ、手代となったが、一応武士階級の出身なのに商人に仕えることを恥じ、武士の名を捨てて通称を瑣吉に、諱を解に改名

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
angelica