平安時代日本史歴史

末法の世の人々に希望を与えた「浄土宗」を歴史オタクがわかりやすく5分で解説

平安時代末期は時代の変遷もあって荒れた時期です。そんな状況に偶然マッチしたのが「末法思想」という暗い思想です。これからは「末法の世」で、仏法も力を失ったとして人々は絶望していった。

ですが、そんなときに希望となったのが「浄土信仰」、つまり宗教ってわけです。今回は浄土信仰をはじめて宗派のひとつとして形成した「浄土宗」について歴史オタクのライターリリー・リリコと一緒に解説していきます。

ライター/リリー・リリコ

興味本意でとことん調べつくすおばちゃん。座右の銘は「何歳になっても知識欲は現役」。大学の卒業論文は源義経をテーマに執筆。得意分野の平安時代から派生して、平安時代前後に活躍した仏教の宗派について勉強し、まとめた。

1.末法の世のはじまりで荒れる平安時代末期

image by PIXTA / 43045334

末法の世はなにが起こる?

平安時代末期に「末法の世」が到来し、世の中が荒れた、とよく言われました。しかし、そもそも「末法の世」とはなんでしょうか?

仏教の経典によると、仏教の開祖「ガウタマ・シッダールダ(お釈迦様)」の入滅後、時代が進むにつれて仏法は次第に衰えていくと書かれています。「仏法」とは仏様の教えのことです。

お釈迦様が亡くなられて最初にくるのが「正法(しょうぼう)」の時代。この時代では仏法は正しく伝わるため、人々は正しく生きることができます。

その次が「像法」の時代。大きな寺院が立てられ、仏法が説かれます。しかし、これは形だけのもの。形だけを真似た僧侶がいばりちらし、反対に正しく修行する僧侶が迫害されてしまう時期です。

そして、最後が「末法」の時代。お釈迦様の入滅から2000年後で、わかりやすく西暦に照らし合わせると1052年になり、日本では平安時代後期にあたりました。ここまでくると仏法はすっかり衰えて、世の中は戦乱や飢饉、災害、疫病などで荒れに荒れ、人々は煩悩に囚われ苦しみ続けます。そして、仏教の教えは残っていても、それを正しく修行して「悟り」を開くことはできなくなるのです。

紀元前から存在する「輪廻転生」のシステム

「悟り」を開けないと何がマズいのか?それを説明するために、仏教の世界観を解説しますね。

まず、仏教の世界の大きな枠に「輪廻」というシステムがありました。「輪廻」はこの世に生きるすべてのいのちが何度も転生を繰り返すことです。そして、その転生の先は「六道」という六つの世界に分かれていました。

上から天人の住む「天道」、人間の「人間道」、阿修羅たちが住み、争いの絶えない「修羅道」、動物の「畜生道」、常に空腹に苛まれ苦しむ「餓鬼道」、そして「地獄道」です。下にいくにつれてどんどん世界の苦しみのレベルが上がっていく仕組みになっています。

すべての生き物は無限にある前世と今世で背負った業によって、この六つの世界から次の転生先を決められました。平たく言うと、悪い事や不道徳なことをすると、次は下の世界に生まれ変わるということですね。

ただし、一番上で苦しみのないとされる「天道」ですが、そこの住人の天人でもやっぱり長い寿命の果てには死んでしまうので、まったく苦しみがないわけではありません。それに、悟りを開いたお釈迦様には遠く及ばないのです。

「輪廻」からの脱出方法

image by PIXTA / 46187024

「輪廻」がある限り、いのちは転生し続け、何度も苦しみを味わう……。そう聞くとたまりませんよね。そこから抜け出したいと考えるのが人間です。

そして、実は、この「輪廻」から抜け出す唯一の方法がありました。それは「悟り」を開くことです。「悟り」を開き、心の迷いが解けて世界の真理を会得することで「解脱」する、つまり、「輪廻」からいのちが解放されるのでした。

ところが、「末法の世」では仏法の力が弱まって「悟り」を開くことができないとお話ししましたね。「悟り」を開けなければ、「輪廻」から抜け出すことはできません。無限に「輪廻」の中で転生し、苦しみ続けることになります。そのために当時の人々は非常に「末法の世」を恐れたのです。

しかも、この「末法の世」ときたら、なんと一万年も続くといわれています。だから、現代も「末法の世」と言えば「末法の世」なんですね。

実際の平安時代末期はどんな世の中だったか

Genpei kassen 2.jpg
伝狩野元信 – 『源平合戦図屏風』 赤間神宮所蔵, パブリック・ドメイン, リンクによる

「末法の世」では人々の能力や素質もまた衰え悪に染まるとされています。では、実際に平安時代末期はどのような世の中だったのでしょうか?

まず、日本の中心で政治を担う朝廷を見てみると、それまで「摂関政治」を続け、頂点を極めていた藤原氏が衰退。それに代わって引退した天皇(上皇や法皇、院と呼ばれる)による「院政」が始まります。いわゆる、政権交代が起こったわけですね。

そして、仏教界では寺院の荘園を守るために武装した「僧兵」が誕生していました。僧兵たちは自分たちの権利を守り、また強めるために「強訴」を起こし腐敗していきます。

極めつけが、「保元の乱」「平治の乱」に始まる「平清盛」たち武士の台頭です。さらにそこから六年続く源平合戦(治承・寿永の乱)と戦乱に戦乱が重なりました。

平和とは程遠い、かなり荒れた時代ですね。

末法の世への一筋のともしび

そんな真っ暗な時代でしたが、それでも希望となるものはありました。それが「天台宗」の開祖「最澄」が残したとされる『末法燈明記』です。

『末法燈明記』の重要な部分を噛み砕くと、

「末法の世では形だけの僧しかいないので、戒律を守っている僧のほうがおかしい。むしろ、こんな世の中だから、普通の人々と同じように暮らしている(戒律のない)僧のほうがみんなを導くともしびになる

というようことが書かれていました。

『末法燈明記』は瞬く間に世の中を席巻し、鎌倉時代の新仏教の開祖たちにも大きな影響を与えたのです。

\次のページで「2.「浄土宗」の誕生」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: