南北朝時代室町時代日本史歴史

スーパー縁の下の力持ち2代将軍「足利義詮」を室町時代オタクがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。足利将軍で有名なのは初代の尊氏(たかうじ)と3代目義満(よしみつ)。なぜかうんと飛んで8代義政(よしまさ)とラストの15代義昭。

おっと、初代と3代目の間は?室町幕府を確立した尊氏や南北朝統一や金閣建立の義満のような派手な功績はないけど、2代目義詮の功績も大きい。3代目義満が室町幕府を全盛に持ってこれたのも実は義詮のおかげだ。

そんな地味だけど「縁の下の力持ち」義詮について室町時代オタクのR175と解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

R175

ライター/R175

京都府在住の室町時代オタク。理系出身であるが、京都の寺社仏閣を巡るのが趣味。理系らしく論理立てて説明することを心掛ける。

1.室町幕府の縁の下の力持ち

image by PIXTA / 46799281

室町幕府創設者の尊氏と、南北朝合一やら金閣やらで有名な3代目義満。その間に挟まれた2代将軍、足利義詮は何だが影が薄いですね。しかし一朝一夕にして、幕府が全盛期を迎えるわけではありません。

3代将軍足利義満の時代が室町幕府全盛期とするなら、その前に下地が作られていたと考えられますね。義詮自身が派手な功績を残すことはありませんでしたが、その功績は大きいでしょう。まさに「縁の下の力持ち」将軍です。

2.幼少期に鎌倉幕府攻めを指揮

image by PIXTA / 42677872

義詮が生まれたのは1330年。その3年後、3歳にして(形式上とはいえ)鎌倉幕府攻めを指揮しいました。

3歳にして人質

1333年、当時3歳の義詮はまさかの人質に取られていました。父尊氏は鎌倉幕府に仕える優秀な武士でしたが、1333年鎌倉幕府を裏切っていたのです。この頃、後醍醐天皇が鎌倉幕府と対立していて、尊氏は鎌倉幕府から後醍醐天皇攻めを命じられていたのですが、幕府を裏切り、後醍醐天皇と組んでしまいました。

父尊氏は鎌倉幕府に不満あり

尊氏は、優秀な武士ながら鎌倉幕府からあまりいい扱いを受けていませんでした。尊氏の父がなくなり喪中の時も、また病気の時も無理やり出兵を命じられていました。それに加え、出兵中家族は人質。(幕府を裏切らずとも出兵する時点で人質に取られる)

そんな状態なので尊氏は鎌倉幕府に不満を持っていました。

3.関東地区を指揮

人質に取られていた義詮、逃げ出すだけでなく鎌倉幕府滅亡に貢献。後に関東地区の指揮を任されることに。

人質から脱出して鎌倉攻め

鎌倉幕府滅亡に関していうと、尊氏より義詮の方が大きく寄与していると言えます。人質に取られていた義詮、母たちとともに鎌倉を脱出、有力な武士、新田義貞に合流。

「足利ブランド」で集客

なぜ有力な武士、新田義貞と合流出来たか?新田義貞は優秀な武士だったが、ネームバリューに欠けていた。鎌倉を攻めたいけど、イマイチ仲間が集まりにくい状態。一方、足利家は幕府高官の関係者でありネームバリューがあったが、将軍家とは言え幼い「義詮」を筆頭に動くのは不安が残る。

ネームバリューを求める新田義貞と兵力が欲しい足利家、両者の利害が一致して合流に至ったわけです。

鎌倉幕府滅亡とその手柄の取り合い

軍事力の高い新田義貞と、ネームバリューのある足利氏のコラボにより鎌倉幕府を滅亡させました。さて、これは誰の手柄でしょうか。どちらのお陰でもあるのですが、残念ながら手柄を取り合って新田義貞と足利家は対立。悲しい時代ですね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
R175