この記事では「閑古鳥が鳴く」について解説する。

端的に言えば閑古鳥が鳴くの意味は「人が訪れない為に商売が流行らない様子」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

営業マネージャーとして勤務し、カナダでの留学を経てライターとして活動中のナガタナミキを呼んです。一緒に「閑古鳥が鳴く」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ナガタ ナミキ

外資企業の営業マネージャーとして勤務し、相手に伝わる会話表現やコーチングスキルについて学ぶ。カナダでの留学を経て、言葉の持つニュアンスや響きを大切にするライターとして現在活動中。

「閑古鳥が鳴く」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 49961835

それでは早速「閑古鳥が鳴く(かんこどりがなく)」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「閑古鳥が鳴く」の意味は?

「閑古鳥が鳴く」には、次のような意味があります。

人の訪れがなく、ひっそりと静まり返っているさま。客が来なくて商売がはやらないさま。
「不景気で、店に―・いている」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「閑古鳥が鳴く」

「閑古鳥」はカッコウの別名です。カッコウの鳴き声が物寂しく聞こえることに由来し、「閑古鳥が鳴く」は人が少なく静かな状態を表しています。

人気(ひとけ)がないことに加えて、特に商売が繁盛していない状況に対して使われることが一般的です。店舗や商店街などの普段賑わう場所が不況により閑散としていれば、それはまさに「閑古鳥が鳴いている」状態。他にも旅館や映画館、劇場、温泉街、ショッピングモールなどの商売が行われる場所・施設・観光地に対して使うことができます。

注意点としては、そもそも人があまり訪れない場所に対しては使わないことです。たとえば山奥のホテルなどは人の往来が少ないことを前提としているので、静かであってもそれは予想通り・普段通りであるといえます。つまりこの場合には「閑古鳥が鳴く」とは言いません。

来店客が少なければ商売はダメージを受けますよね。普段は賑わう活気ある場所が驚くほど静かな状態を「閑古鳥が鳴く」で表すことができますよ。

「閑古鳥が鳴く」の語源は?

次に「閑古鳥が鳴く」の語源を確認しておきましょう。

前項でも軽く触れた通り「閑古鳥」とはカッコウの別名です。カンコドリ→カッコウドリ→カッコウに変化したと言われています。この閑古鳥の鳴き声はどこか寂しげで、聞けば人里を離れた山の情景を思わせることから転じて「さびれた状態・心情」を表すようになったのです。物寂しさを表す際に「閑古鳥」が単体で使われることもあります。また「閑」という漢字にも実は「暇である・静かでゆったりとしている」という意味合いが含まれていますよ。

江戸時代の俳人・松尾芭蕉も「閑古鳥」を詠んだ句を残しています。

憂き我を さびしがらせよ 閑古鳥

出典:芭蕉『嵯峨日記』より

\次のページで「「閑古鳥が鳴く」の使い方・例文」を解説!/

「閑古鳥が鳴く」の使い方・例文

「閑古鳥が鳴く」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は以下のように使われます。

1.長引く不況の影響により、地元のショッピングセンターは閑古鳥が鳴いていた。

2.電子書籍化の充実や若者の活字離れを受け、かつてはにぎやかだった大型書店も最近は閑古鳥が鳴く状態だ。

3.ライバル店が先週近隣に出店し、一気に客足を奪われてしまったために店内は閑古鳥が鳴いている。

人の訪れが減り、その空間がひっそりと静かである様子をイメージしてみましょう。かつては賑やかで売り上げも好調であったのに、何らかの出来事が原因となって今では活気のない状態を「閑古鳥が鳴く」ということができます。

「閑古鳥が鳴く」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 55137425

それでは「閑古鳥が鳴く」の類義語を確認していきましょう。

「門前雀羅を張る」

「門前雀羅を張る(もんぜんじゃくらをはる)」は、訪問する人がおらずひっそりとしている様子を表す慣用句です。人の来訪がないことから門の前に雀が集まって遊んでおり、それを網で捕まえられるほど閑散とした状況をいいます。

「さびれる」

「さびれる」は活気がなく寂しい状態を表します。「閑古鳥が鳴く」と同様に、訪れる人の減少が活気をなくしている原因の一つです。

\次のページで「「すたれる」」を解説!/

「すたれる」

「すたれる」は盛んであった物事が衰えるという状態を表します。かつては連日行列だった人気店が、今では来店も数える程になった状態などに使うことができますよ。また、通用しなくなる・使われなくなるという意味もあることから「すたれる」は「閑古鳥が鳴く」と比べるとより年月の経過を感じさせる表現であるといえます。

「閑古鳥が鳴く」の対義語は?

続いて「閑古鳥が鳴く」の対義語を確認しましょう。

「門前市を成す」

「門前市を成す(もんぜんいちをなす)」は人の来訪が非常に多いことを表す慣用句です。人の多さで賑わっている様子から転じて、商売繁盛しているたとえとしても使われます。

「流行る」

「流行る(はやる)」は商売などが好調で繁盛することを意味します。ファッションや髪型などの流行だけでなく、売れ行きが好調な店・商売などに対しても使うことができますよ。客足の少ない状態をいう「閑古鳥が鳴く」の対義語として確認しておきましょう。

「閑古鳥が鳴く」の英訳は?

image by PIXTA / 30813405

最後に「閑古鳥が鳴く」の英語表現を確認しましょう。

「slow」

slow は商売に活気がない状態を表す形容詞です。物事がゆっくりとした様子をいうことも一般的ですが、不景気で売れ行きが低調である物事に対しても使うことができます。

Sales was very slow yesterday.
昨日の売り上げはとても低調だった。

\次のページで「「deserted」」を解説!/

「deserted」

deserted は人通りのない、さびれた状態を表す形容詞です。

The shopping center is quite deserted.
そのショッピングセンターは閑古鳥が鳴いている。

「閑古鳥が鳴く」を使いこなそう

この記事では「閑古鳥が鳴く」の意味・使い方・類語などを説明しました。

小説などで目にすることも多いであろう「閑古鳥が鳴く」ですが、なぜその状態に陥ってしまったのかを前後の文脈から探ることも大切です。不景気などの社会的要因だけでなく、新商品がヒットしなかったりライバル店の勢いに負けてしまったりと様々な原因が考えられます。いずれにせよ、商売は人ありきなわけですから集客して売り上げを得なければなりません。

筆者は読書が趣味の一つで、紙と電子書籍の双方を利用しているのですが、手元に置いておきたい大切な書籍に関しては、可能な限り地元の書店に足を運び購入しています。今はオンラインで簡単に手に入りますが、どうせ同じ商品を買うのなら好きな空間がそこに在り続けて欲しいという思いがよぎるのです。実店舗とは、そこにいる人同士のコミュニケーションや予期せぬ素晴らしい物との出会いが生まれる場所だと思っています。自分の好きなお店や場所で閑古鳥が鳴いていたら、一時的には空いていて嬉しいかもしれませんが、いつかは閉店してしまうでしょう。

みなさんが「閑古鳥が鳴く」状況に出会ったら、その原因について考えてみるのも面白いかもしれません。表面上の意味を知るだけに留まらず、実際に物事を多面的に考えることは生きた国語力に直結するはずです。

" /> 【慣用句】「閑古鳥が鳴く」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説! – ページ 2 – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「閑古鳥が鳴く」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「閑古鳥が鳴く」の使い方・例文

「閑古鳥が鳴く」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は以下のように使われます。

1.長引く不況の影響により、地元のショッピングセンターは閑古鳥が鳴いていた。

2.電子書籍化の充実や若者の活字離れを受け、かつてはにぎやかだった大型書店も最近は閑古鳥が鳴く状態だ。

3.ライバル店が先週近隣に出店し、一気に客足を奪われてしまったために店内は閑古鳥が鳴いている。

人の訪れが減り、その空間がひっそりと静かである様子をイメージしてみましょう。かつては賑やかで売り上げも好調であったのに、何らかの出来事が原因となって今では活気のない状態を「閑古鳥が鳴く」ということができます。

「閑古鳥が鳴く」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 55137425

それでは「閑古鳥が鳴く」の類義語を確認していきましょう。

「門前雀羅を張る」

「門前雀羅を張る(もんぜんじゃくらをはる)」は、訪問する人がおらずひっそりとしている様子を表す慣用句です。人の来訪がないことから門の前に雀が集まって遊んでおり、それを網で捕まえられるほど閑散とした状況をいいます。

「さびれる」

「さびれる」は活気がなく寂しい状態を表します。「閑古鳥が鳴く」と同様に、訪れる人の減少が活気をなくしている原因の一つです。

\次のページで「「すたれる」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: