幕末日本史歴史江戸時代

幕末に幕府が設立した「蕃書調所」をわかりやすく歴女が解説

よぉ、桜木健二だ、今回は蕃書調所を取り上げるぞ。幕末に幕府が設立した機関て、どんなところだったか詳しく知りたいよな。

その辺のところを幕末、明治維新と蘭学者大好きなあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

angelica

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている歴女、幕末、明治維新と蘭学者には興味津々。例によって昔読んだ本を引っ張り出しネット情報で補足しつつ、蕃書調所について5分でわかるようにまとめた。

1-1、蕃書調所とは

蕃書調所(ばんしょしらべしょ)は、幕末に幕府が設けた洋学のための教育研究機関のこと。嘉永6年(1853年)ペリー艦隊が来航し、翌年の日米和親条約の締結。開国によって幕府は外交事務を行わざるを得なくなり、専任の外交担当官、翻訳官の養成、そして軍備の充実が緊急課題に。

そしてこれらに対処するため幕府直轄の洋学校の設立が企画され、安政2年(1855年)、に古賀謹一郎を洋学所頭取に任命、翌年2月に洋学所を蕃書調所と改称して設立。有名な蘭学、洋学の徒が関わり、文久2年(1862年)には、学問所奉行、林大学頭の管轄下に入って昌平黌と同格の幕府官立学校に。また同年6月、「蕃書」の名称が実態に合わなくなって「洋書調所」と改称、翌年「開成所」と改称。明治維新後は明治政府に移管、東京大学の前身校の一つとなったということ。

尚、蕃書とは南蛮(オランダ)語の書物のことで、当時はまだ外国という言葉は使われていなかったそう。

2-1、蕃書調所設立の発端

image by PIXTA / 45551008

江戸幕府では、蕃書調所設立以前に西洋の学問に関わる機関は、暦を作っていた天文方。天文学は蘭学の一端でオランダ語が必要とされたため蘭学者と関係が深く、天文方の中に蛮書和解御用という部署があったということ。

2-2、古賀謹一郎が老中阿部正弘に進言、開設へ

幕府の儒者の家柄で昌平黌学問所の教官だった古賀謹一郎は、独学で漢訳蘭書から西洋の事情を習得した人。この頃にはアメリカから帰国した漂流者から欧米事情を取材して「蕃談」を著したほどの事情通で、嘉永6年(1853年)のロシアのプチャーチン艦隊の来航では応接掛となり、目付筒井政憲、川路聖謨に随行して長崎でロシア使節と交渉。翌年のロシア艦再来日でも伊豆下田で交渉を行って、日露和親条約の締結に貢献。

古賀はこういう経験から日本の学問状況に危機感を抱き、老中阿部正弘に、洋学所設立に加えて、外国領事館の設置や沿海測量許可などを求めて、たびたび建白書を提出したところ、西洋の学問の必要性を痛感していた老中阿部の目に留まり、安政2年(1855年)8月、直々に洋学所頭取(校長)に任命されたということ。

古賀は、蘭書翻訳と教育機関の構想を練って、勝海舟らと草案を作成、同年9月蕃書調所設立案を提出。これがもとになって安政4年(1857年)正月、蕃書調所が正式に開設。

2-3、古賀謹一郎、著名な学者を招聘

古賀は、日本初の洋学研究教育機関として発足した蕃書調所頭取(校長)として、国内の著名な学者を招聘。すでに蘭学者として高名だった箕作阮甫を教授として招いたのを始め、教授見習として三田藩の川本幸民、周防出身の手塚律蔵、村田蔵六(大村益次郎で当時は宇和島藩に出仕)、薩摩藩の松木弘庵(寺島宗則)、西周助(西周)、津田真一郎(津田真道)、中村敬輔(中村敬宇)、箕作秋坪、加藤弘之、大鳥圭介ら、幕臣だけでなく身分を問わない各藩の俊才も幅広く採用。

最初の年は幕臣の子弟が対象だったが、翌年の安政5年(1858年)以降は諸藩士の入学も認めたということで、蘭学を中心に英学を加えた洋学教育を行うとともに、翻訳事業や欧米諸国との外交折衝も担当。語学教育は降盛、書籍は留学生が仕入れたりなどで次第に充実し、自然科学部門も設けられたということ。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

すごいな、蘭学者オールスターズってとこだったかも

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
angelica