国語言葉の意味

【四字熟語】「面壁九年」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「面壁九年」について解説する。

端的に言えば「面壁九年」の意味は「一つのことに忍耐強く専念する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

学習塾経営者で国語が得意な「ぼすこ」を呼んだ。一緒に「面壁九年」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ぼすこ

国立大学教育学部卒業後、学習塾を経営。読書好きが高じて蓄えた幅広い知識と、得意教科である国語力で、四字熟語をわかりやすく解説していく。

「面壁九年」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「面壁九年」の意味や語源・使い方など、基本的な内容を押さえていきましょう。

「面壁九年」の意味は?

「面壁九年」について、辞書には次のように記されています。

1.達磨大師が、中国の少林寺で壁に向かって九年間座禅し、悟りを開いたということ。


出典:大辞林第三版(三省堂)「面壁九年」

「面壁九年(めんぺきくねん)」の「面壁」は、顔を壁に向けるの意味で、字の通り、9年もの間、壁に向かっていた様子を表した四字熟語です。「九年」を「くねん」と読むのも、一つポイントなので、押さえておきましょう。辞書通りの意味から派生して、「長い時間をかけて粘り強く何かに取り組むこと」というたゆまぬ努力を表現した意味を持ち、最近では、この使われ方が一般的でしょう。前後の漢字を入れ替えて「九年面壁(くねんめんぺき)」という場合もありますが、意味は同じです。

「面壁九年」の語源は?

「面壁九年」の意味を確認したところで、次にその語源についても見ていくことにしましょう。実際に壁に9年も向かい続けるのは、容易なことではないですね。私なら1時間も保ちません。しかし、それを実際に行った人がいます。中国禅宗の開祖であるインドの仏教僧、達磨(だるま)です。

達磨は、悟りを開くための修行として、中国の嵩山少林寺にこもり、9年間壁に向かい続けたと伝えられています。実際9年もの間、壁に向かっていたかどうか、真偽は定かではありませんが、それぐらい修行に専念したということでしょうね。この達磨大師の様子を元にできた四字熟語が「面壁九年」です。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: