国語言葉の意味

根拠なき噂に注意!「流言飛語」の意味や類義語などを院卒日本語教師がわかりやすく解説

「流言飛語」の使い方を例文とともに確認!

image by iStockphoto

続いて、「流言飛語」の使い方を確認していきましょう。「流言飛語」を含んだ例文を3つ用意しました。どのような文脈や意味で使用されているのか、確認してみてください。

1.A選手がB監督と確執を起こしたことにより、シーズンオフにトレードに出されるという報道があったが、おそらく流言飛語だろう。
2.芸能人は流言飛語に悩まされる職業だ。
3.インターネット上は流言飛語であふれている。正しい情報を見つけ出す力が必要だ。

例文1では、A選手とB監督の確執の報道について、「おそらく根拠のないデマだろう」という意味で「流言飛語」が使用されています。スポーツ選手のチーム内でのトラブルや確執の報道は、根拠のないものも多いですよね。

例文2では、「芸能人は根も葉もない噂やデマに悩まされる仕事だ」という文脈で「流言飛語」が使用されています。芸能人の名前を検索すると、同時にいろいろな噂も目に入りますよね。ただ、その噂は根拠のない・薄いものも多いです。

例文3では、「インターネット上は根拠のないデタラメな情報であふれている」という文脈で「流言飛語」が使用されています。最近はありとあらゆるデマがインターネットを通じて拡散されやすくなりました。情報を得る側のリテラシーも試されるようになっていますよね。

「流言飛語」の類義語は?

次に、「流言飛語」の類義語を確認していきましょう。「流言飛語」の類義語は「デマ」「ガセネタ」「流説」です。意味やニュアンスを確認し、「流言飛語」と比較してみてください。

「デマ」:根拠のない噂話

「デマ」は「政治的な効果を狙って意図的に流す虚偽の情報」「根拠のない噂話」という2つの意味を持つ言葉です。2番目の「根拠のない噂話」という意味で使用される場合は、「流言飛語」と意味やニュアンスの違いはありません。ドイツ語の「Demagogie(デマゴギー)」を省略した表現です。

\次のページで「「ガセネタ」:デタラメの情報」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: