国語言葉の意味

【四字熟語】「鶏鳴狗盗」の意味や使い方は?例文や類語も含めてセンター国語190点オーバーの古典・歴史マニアがわかりやすく解説!

「鶏鳴狗盗」の使い方・例文

では例文で「鶏鳴狗盗」の使い方を見てみましょう。

いたずらに硬語を吐き、身に鶏鳴狗盗の術なくして、しかも治国平天下を談ず<犬養木堂・都人士>

鶏鳴狗盗のつまらない技術すらない。それでいてでかいことをいう。完全に悪口な例文になってます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

たいして役に立たない人間を抱え込んでも、結局は毒にも薬にもならんと思うが、そいつらにすら役割を見出すあたりが孟嘗君の大人物たるゆえんってことかもしれんな。

「鶏鳴狗盗」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

では類義語を見てみましょう。

\次のページで「「鶏鳴狗盗」を使いこなそう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: