国語言葉の意味

【四字熟語】「破顔一笑」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「破顔一笑」について解説する。

端的に言えば破顔一笑の意味は「顔をほころばせて、にっこり笑うこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「破顔一笑」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「破顔一笑」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「破顔一笑(はがんいっしょう)」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。意味や語源を詳しく知っていれば、より理解が深まります。

「破顔一笑」の意味は?

「破顔一笑」には、次のような意味があります。「笑」という文字が入っており、笑うことを意味するのですが、状況や笑い方にもいろいろあるので詳しく見ていきますよ。

1.顔をほころばせて、にっこり笑うこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

何かよいことがあったとき、よい知らせを聞いたときなどに、表情を少し崩して笑みがこぼれるようすを表しています。

意味としては、「ほほえむ」「にっこり笑う」ということなので、表情や顔つきが変わり明らかに笑みを浮かべていることは見て取れるものの、大笑いするまではいかない程度です。例えば、目尻が下がり、口角が上がり、大きく口が開かないイメージですね。

「破顔一笑」の語源は?

次に「破顔一笑」の語源を確認しておきましょう。

「破」には「こわれる」という意味があるので、「破顔」で表情を崩すという意味合いです。「一笑」のほうは、辞書によっては「ひと笑い」とするものもありますが、「一」には少しという意味もあるので大笑いではなく少し笑うニュアンスにもつながりますね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810