国語言葉の意味

大笑いじゃない!「破顔一笑」の意味・使い方・類義語などを日本放送作家協会会員がわかりやすく解説

この記事では「破顔一笑」について解説する。
端的に言えば、破顔一笑の意味は「顔をほころばせ、にっこり笑うこと」です。笑顔には違いないが大爆笑ではないぞ。言葉の持つニュアンスや類義語との違いを押さえておこう。
日本放送作家協会会員でWebライターのユーリを呼んです。「破顔一笑」の意味を確認し、使い方や類義語などを見ていきます。

ライター/ユーリ

日本放送作家協会会員。シナリオ、エッセイをたしなむWebライター。時代によって変化する言葉の面白さ、奥深さをやさしく解説する。

「破顔一笑」の意味と使い方

image by iStockphoto

では、さっそく辞書で「破顔一笑」の意味を確認し、例文で使い方を見ていきましょう。

「破顔一笑」の意味

まずは辞書で「破顔一笑」の意味をチェックしましょう。「破顔」と「一笑」についても見ていきますよ。

顔をほころばせて、にっこり笑うこと。
出典:デジタル大辞泉(小学館)「破顔一笑」 


顔をほころばせて笑うこと。
出典:デジタル大辞泉(小学館)「破顔」 

1.ちょっと笑うこと。にっこりすること。
2.一つの笑いぐさにすること。また、笑うべきものとして問題にしないこと。
出典:デジタル大辞泉(小学館)「一笑」

破るという字の印象から、「破顔一笑」は顔をくしゃくしゃにして大笑いするようなイメージを持つ人がいるかもしれませんね。しかし辞書を見ると「破顔」とは「顔をほころばせ、笑う」ことです。また、「一笑」とは「ちょっと笑う」「にっこりする」ことですね。「破顔一笑」は、大爆笑することではありません。「顔をほころばせ、にっこり笑う」というニュアンスの笑いなのです。

「破顔一笑」の使い方

「破顔一笑」はどのように使えばいいのでしょうか。次は例文で使い方を見ていきましょう。

1.試験結果を確認するまで彼女はずっと顔を強張らせていたが、自分の受験番号を見つけて破顔一笑した。
2.いつも険しい表情をしている彼だが、昨年生まれた初孫が訪れるときだけは破顔一笑するらしい

\次のページで「「破顔一笑」の類義語」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: