日本史

箱館戦争を戦い明治後も貢献した蘭学者「大鳥圭介」を歴女がわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ、今回は大鳥圭介を取り上げるぞ。幕末の蘭学者だって、どんな人だったか詳しく知りたいよな。

その辺のところを幕末、明治維新と蘭学者大好きなあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

angelica

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている歴女、幕末、明治維新と蘭学者には興味津々。例によって昔読んだ本を引っ張り出しネット情報で補足しつつ、大鳥圭介について5分でわかるようにまとめた。

1-1、大鳥圭介は赤穂の生まれ

大鳥圭介(けいすけ)は、天保4年(1833年)2月、播磨国赤穂郡赤松村(現在の兵庫県赤穂郡上郡町岩木丙石戸)の村医者である小林直輔の息子として誕生。幼名は慶太郎。別名は大鳥純彰、号は如楓(じょふう)。

1-2、圭介の子供時代

幼少時の圭介は、初め祖父純平について四書の素読などを受けていたが、13歳で、父も学んだ岡山藩の閑谷学校(しずたに)で、漢学、儒学、漢方医学を5年間学び、嘉永2年(1849年)に帰郷。

成績も良かったため父から跡継ぎとして医業の勉強をすすめられ、父と懇意の赤穂の蘭方医、中島意庵の助手として2年間薬箱持ちを務め、蘭学がこれからの時代に必要と言われて、名前を圭介とあらためて蘭学を学ぶことを決心。

閑谷学校(しずたにがっこう)とは
岡山藩主池田光政によって開設された日本最古の庶民学校で、岡山藩士のための教育施設である藩校の岡山学校に続き、岡山藩立の学校として開校。長州藩の明倫館、水戸藩の弘道館と並んで、日本三大学府の一つと称されたが、この学校の特色は、地方の指導者育成のため、武士に限らず庶民の子弟も教育したうえ、広く門戸を開いて他藩の子弟も受け入れたということ。

2-1、緒方洪庵の適塾に入塾、その後江戸へ

image by PIXTA / 8966071

圭介は嘉永5年(1852年)5月、蘭学修行の為に大坂へ行き緒方洪庵の適塾で蘭学と西洋医学を学ぶことに。この年に適塾では圭介の他に33名が入塾、住み込みの内塾生は60名ほど。圭介は適塾で2年間勉学に励み、あんまや筆写で稼ぎ、芝居好きで役者の声色をまねるお調子者だったとか、洪庵先生にあんま術を誉められたエピソードあり。しかし適塾でオランダ語は上達したが、医学への興味はなかったようで家業は継がず。

2-2、圭介、江戸へ上り、兵学教授に

その後、安政元年(1854年)に適塾の仲間村山代三郎、三木芳策と共に親に無断で江戸へ行き、薩摩藩でオランダ語の翻訳や技術指導などを行い、幕府の奥医師だった坪井信良の坪井塾に入塾。適塾でのレベルの高さもあって、すぐに塾頭となり、軍学、工学に関心を持ったため、西洋式兵学や写真術を学ぶように。同時期に勝海舟とも知り合い、篤姫が写真を撮る際に指導したそう。

安政4年(1857年)、縄武館(江川塾)に兵学教授として招かれ、黒田清隆、大山巖らと出会い、また中浜万次郎に英語を学ぶようになり、同じく英語を学んでいた榎本武揚とも出会ったそう。

そして安政5年(1858年)、服部元彰の紹介で故郷の上郡を領地とする尼崎藩に8人扶持で取り立てられ、武士階級となったということ。その後、徳島藩を経て安政6年(1859年)に幕府の蕃書調所へ出仕。翌年、「砲科新編」を翻訳出版。そして日本初の合金製活版を作り、大鳥活字と呼ばれたということで、その後も大鳥活字を使って多数の本を出版。

大鳥活字とは
圭介が安政7年(1860年)に縄武館や陸軍所での印刷に際して、オランダ伝来の技術書を参照して明朝風楷書体活字を鋳造、「築城典刑」「砲科新論」など数十点を出版。ただし、全ての本に活字が使用されたわけではなく、活字を利用した本でも製版で印刷を行ったページもあったそう。尚、活字の材質は亜鉛、錫だということだが、戊辰戦争の時に行方不明となったために印刷された本がわずかに残されているだけ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
angelica