英訳英語

【英語】「アウトコース/インコース」は英語でどう表現する?「アウトコース/インコース」の英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

この記事では「アウトコース/インコース」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「outside (pitch) / inside (pitch)」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

個別指導塾で受験生の指導経験が豊富なライターさとみあゆを呼んです。一緒に「アウトコース/インコース」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/さとみあゆ

個別指導塾で多くの受験生を指導してきた経験を持つ。そのノウハウを駆使し、受験生だけでなく社会人にも「使える英語」を伝授する。

「アウトコース/インコース」の意味と使い方は?

「アウトコース/インコース」という言葉は、スポーツの中継などでよく耳にしますね。

それでは、「アウトコース/インコース」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「アウトコース/インコース」の意味

「アウトコース/インコース」には、次のような意味があります。

《(和)out+course》

1 野球で、ホームベースの、打者に遠い側を通る球道。⇔インコース。

2 トラック競技・スピードスケートなどで、外側の走路。⇔インコース。

3 ゴルフで、18ホールで構成されているコースの前半9ホール。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「アウトコース」

 

《(和)in+course》

1 野球で、ホームプレートの、打者に近い側を通る球道。⇔アウトコース。

2 トラック競技・スピードスケート・競馬などで、内側のコース。⇔アウトコース。

3 ゴルフで、18ホールで構成されているコースの後半9ホール。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「インコース」

「アウトコース/インコース」の使い方・例文

野球では、ピッチャーが投げた球がバッターの近くを通った場合はインコース、バッターから離れていた場合はアウトコースといいます。ゴルフでは「アウト/イン」のように「コース」を略すことが多いですね。

次に「アウトコース/インコース」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.あのバッターは、アウトコースのボールを流すのがうまいんだよ。
2.競馬では一般的にはインコースの方が有利だといわれている。
3.ゴルフで後半の9ホールをインコース、前半の9ホールをアウトコースと呼ぶのは、スコットランドのセントアンドリュースに由来します。

\次のページで「「アウトコース/インコース」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: