今回は浅野長政を取り上げるぞ。秀吉の身内だったって、どんな人だったか詳しく知りたいよな。

その辺のところを戦国武将も大好きなあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている歴女、戦国武将にも興味津々。例によって昔読んだ本を引っ張り出しネット情報で補足しつつ、浅野長政について5分でわかるようにまとめた。

1-1、浅野長政は尾張の生まれ

Asanonagamasaseitan.jpg
Bariston - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, リンクによる

浅野長政は、尾張春日井郡北野で、天文16年(1547年)、父安井重継、母浅野長勝の姉の間に長男として誕生。弥左衛門、弥兵衛が通称。尚、近江の戦国大名浅井3代の浅井長政と名前が似ているが、長政は晩年に改名したもので、初名の長吉(ながよし)を名乗っていた時期が長いということ。ここでは長政で統一。

長政の父安井重継は、尾張丹羽郡宮後村の宮後城主安井弥兵衛尉重幸の子で、諸説あるが、重継の姉の安井御前が蜂須賀正利の側室になり生まれたのが蜂須賀小六正勝(長政と小六は従兄弟)。その後、正利が信長の父織田信秀に領地を奪われて正室の実家の大橋家に逃げ込み、姉の安井御前と息子の小六が重継の宮後城に移り住んだそうで、重継は甥である小六正勝に城と家督を譲り、安井家は蜂須賀家へ吸収。

1-2、長政、北政所寧々の妹と結婚

Cho-Sei-In (wife of Asano Nagamasa).jpg
不明 - 東京大学史料編纂所, パブリック・ドメイン, リンクによる

そういうわけで長政は、男子のなかった母の兄の浅野又右衛門長勝の養子となり、長勝の養女だったややと結婚して浅野家を継承。養父長勝は、当時は織田信長の弓衆を務めていたということ。

尚、ややは長勝の妻の姉妹の娘でのちの北政所寧々の妹という説と、長勝の実の娘説があるそう。ともあれ、長政は北政所寧々の夫のちの豊臣秀吉とは相婿(秀吉が長政よりも10歳年長)、義理の弟になり、同じ信長家中の同僚から、親族のよしみと信長の命令で秀吉の寄騎として、信長なき後は秀吉に仕えるように。また秀吉は信長に仕える前に蜂須賀小六正勝に仕えていた説もあるが、長政が小六と血縁がある説をとれば、義弟として秀吉に小六を紹介したことが小六を配下に組み入れるきっかけとなったかも。

長政とやや夫婦、木下藤吉郎と言った頃の秀吉と寧々夫婦が住んでいたのは、ウコギ長屋と言う織田家の下級武士の住む長屋で、養父の浅野長勝家、それにのちの前田利家とお松夫婦も住んでいたという、後々のことを考えるとすごい長屋。

1-3、長政の初陣

image by PIXTA / 10545227

天正元年(1573年)、長政は26歳のときの浅井攻めが初陣。秀吉が信長に浅井氏滅亡後の遺領を与えられたときには近江で120石の知行をもらい、長男幸長(よしなが)も天正4年(1576年)、近江国滋賀郡坂本で誕生。

長政はその後、信長から中国攻めの司令官とされた義兄秀吉とともに各地を転戦、天正7年(1579年)、北近江で300石を、秀吉が姫路城主として播磨の国を平定した天正9年(1581年)、播磨国で5600石を加増。各地で良政を行い領民に慕われたそう。

\次のページで「2-1、長政、京都奉行職に」を解説!/

2-1、長政、京都奉行職に

天正10年(1582年)本能寺の変が勃発。秀吉は、備中高松城水攻めの最中だったが、毛利と講和して中国大返しで京都に引き返し、山崎の戦いで明智光秀を撃破。そして信長亡き後の織田家中で存在感を増し、清洲会議で信長亡き後の後継者を決め、光秀の近江や山城の遺領を手中に。

秀吉に従っていた長政は北政所寧々の伯父杉原家次とともに、京都奉行に任命、秀吉の蔵入地の代官、太閤検地のはじまりとされる山城国検地の奉行も務めるなど、杉原家次が病気で前田玄以と交代後も長政と玄以で禁裏御領、門跡領などが多くある土地の複雑な問題を処理、秀吉の内政面を支えたということ。

その後、長政は、天正11年(1583年)4月の賤ヶ岳合戦で功績を挙げて、近江国瀬田城主として8月、近江国甲賀郡栗太郡で2万300石の大名となり、その後、瀬田城から坂本城、大津城に移ることに。

2-2、長政、秀吉の天下統一を補佐

天正12年(1584年)、秀吉対織田信雄、徳川家康の連合軍との小牧・長久手の戦いでは、長政は1500の兵を率いて秀吉に従軍。そして合戦の後、天正14年(1586年)家康との和解のための妹の朝日姫が家康と政略結婚の際、浜松に同行。

その後も天正15年(1587年)の九州平定に従軍して活躍したので、若狭国小浜8万石をもらって国持ち大名になり、翌年には従五位下弾正少弼(だんじょうのしょうひつ)に叙任。また、天正18年(1590年)の小田原征伐では忍城の戦いに参加、攻城戦の終盤から戦後処理にかけて、石田三成に代わり長政が主導的な役割を果たしたということで、同年の奥州仕置きと呼ばれる奥羽検地でも長政は石田三成と大谷吉継とともに奉行を務め、この「奥州仕置き」に反発した葛西大崎一揆翌年の九戸政実の乱には、羽柴秀次の軍奉行として従軍。

こうして長政は東国の大名と関係が深くなり、そして秀吉が諸大名から没収した金銀山の管理も担当。

2-3、長政、文禄の役でも軍監に

秀吉は、関白となり天正13年(1585年)朝廷から豊臣姓を下賜され、一門や家来に豊臣姓を与えたが、天正20年(1592年には)長政にも豊臣姓が。
そして文禄元年(1592年)文禄の役で長政は肥前名護屋城に陣したが、渡海前に肥後国葦北郡佐敷で梅北一揆が起こり、秀吉は激怒して長政に鎮圧を命じ、軍の大将に長政の嫡男幸長(よしなが)を、そして徳川家康に要請して副将に本多忠勝を付けたが、現地到着前に一揆は鎮圧。幸長はその後渡海、長政は奉行として一揆の沙汰を行ったそう。幸長は朝鮮では3000の軍勢を率いて伊達政宗を後見人とし、加藤清正の隊と合流して各地を転戦したということ。

文禄2年(1593年)11月、秀吉は、長政と幸長親子に、8月に挑戦で陣没した加藤光泰の所領であった甲斐国府中22万5000石を、幸長に16万石、長政に5万5000石、1万石は公料(蔵入地)として与えたそう。

\次のページで「2-4、長政、秀次事件で連座後、五奉行に就任」を解説!/

2-4、長政、秀次事件で連座後、五奉行に就任

文禄4年(1595年)、日明間で和議が成立したため長政は帰国したが、7月に関白豊臣秀次の切腹事件が勃発。長男幸長の妻と秀次の妻が池田恒興(池田輝政の父)の娘だったことから、幸長は相婿として秀次を弁護したために秀吉の逆鱗に触れて、連座して能登国津向に配流されたが、前田利家や徳川家康の取り成しもあって恩赦されたそう。
また長政は、天正13年(1585年)(慶長3年(1598年)7月説もあり)に前田玄以、石田三成、増田長盛、長束正家とともに五奉行に就任。

2-5、秀吉死後、家康暗殺計画の疑いで蟄居処分に

慶長3年(1598年)8月、秀吉が死去。政権奪取を目論んで動き出した家康と、警戒する前田利家、反発を買う石田三成らの権力闘争が勃発。

長政は、翌年家康暗殺計画に加わったとして、前田利長、大野治長、土方雄久らと共に謹慎処分となり、家督を幸長に譲って、武蔵府中に隠居、3男の15歳の長重を人質として江戸に送ったそう。しかし、この家康暗殺計画は、長政や前田利長を三成らの反家康派から分離させようとした家康の陰謀、挑発で、長政は無関係と言われているそう。

2-6、関ヶ原直前の長政の動向

Asano Yoshinaga.jpg
不明 - 東京大学史料編纂所所蔵品。, パブリック・ドメイン, リンクによる

慶長5年(1600年)、家康が会津上杉征伐へ出立、長政、幸長親子も従軍したが、下野国小山で三成が謀反を起こしたとの情報が入って数日滞陣、有名な小山評定の軍議が行われたとき、幸長は進み出て、上方の妻子が人質に取られているといって疑念を持たないでほしいと発言。

これは浅野家が秀吉の親族と言う立場で注目され、諸大名の動向、流れをはっきりさせる意味で重要な発言だったということで、家康は幸長を先鋒の一つに任命、幸長はその後岐阜城攻防戦に参加し、関ヶ原でも活躍、長政は秀忠軍に従って中山道を進んだために本戦に間に合わず。

2-7、息子幸長は大大名に、長政も隠居料を

浅野家は関ヶ原での功績が認められ、息子の幸長は紀伊国和歌山37万石に加増移封、長政は慶長10年(1605年)江戸幕府成立後、家康に近侍して江戸で暮らすようになり、翌年には隠居料として常陸国真壁5万石を与えられたということ。

長政は慶長16年(1611年)、65歳で死去。

3-1、長政の逸話

Nagamasa Asano.jpg
不明 - 東京大学史料編纂所所蔵品。, パブリック・ドメイン, リンクによる

色々な逸話があります。

3-2、長政、家康の疑いを晴らす

江戸中期の兵学者の大道寺友山の著した「異本落穂集」によると、秀吉の小田原征伐のとき、沼津城に進軍した際に、案内役だった徳川家康の家臣の伊奈忠次が舟橋を架けたが、秀吉は、側近の石田三成の言に従って用心して渡らず。そこで長政が手勢を率いて先に渡り、舟橋の安全性を証明。

同じ頃、秀吉は、家康の居城の駿府城に宿泊する予定だったが、やはり石田三成が「家康は北条氏直の岳父なので、裏切りの可能性も」と言うと、長政が「家康殿はそのようなことをする人ではないので、三成の言を信じるなと秀吉に直言。秀吉は長政の言を容れて駿府城に入城、家康から手厚くもてなされたという話。

\次のページで「3-3、長政、秀吉に諫言」を解説!/

3-3、長政、秀吉に諫言

江戸中期の逸話集「常山紀談」によれば、秀吉は文禄の役のとき、最終的に自ら朝鮮に渡ると言い出したそう。

それを聞いた石田三成は、すぐに舟を造ると言ったが、長政は「殿下(秀吉)は昔と随分変わられましたが、古狐が殿下にとりついたのかも」と言い、激怒して刀を抜く秀吉に向かって平然と、自分などの首を何十回はねてもどれほどのこともないが、朝鮮出兵で朝鮮8道、日本中が困窮して親子兄弟を失って嘆き悲しむ声に満ちているのに、ここで秀吉が渡海すれば国が乱れるばかりと諫言したということ。

長政のおかげかどうか、結局、秀吉は渡海を思いとどまったそう。

3-4、伊達政宗に絶縁されたなども

長政が秀吉に東国大名の取次役を命じられ、南部信直、宇都宮国綱、那須資晴、成田氏長らを与力としたとき、その職務実施状況に不満をもったため、それまで仲が良く朝鮮の役では息子幸長の後見までしてくれた伊達政宗に、絶縁状を突きつけられたということ。

また、下野の大名だった宇都宮国綱が慶長2年(1597年)10月、秀吉の命で突然改易された事件では、理由が諸説あり、そのひとつが長政の讒言だそう。跡継ぎのない国綱に長政の3男長重を養子にする案が出たが、国綱の弟芳賀高武が反対して、縁組を進めていた側近を殺害した事件を長政が秀吉に讒言したという説、または太閤検地の結果が秀吉が安堵した18万石の倍以上という石高詐称説。また国綱の側近対門閥の内輪もめが原因説も。

3-5、家康とは囲碁の仲間

長政は囲碁が好きで、晩年は家康に近侍して囲碁の対戦を楽しんでいたという話があり、長政の死後家康はしばらく碁を打たなくなったとか、囲碁をやめたという話もあるそう。

3-6、長政の子孫

長政とやや夫妻は3男3女に恵まれ、長男の幸長(よしなが)は、小田原征伐が初陣でやはり秀吉の武将として転戦して功績をあげ、和歌山藩の初代藩主となり、娘春姫は尾張家初代の徳川義直と結婚、慶長18年(1613年)に38歳で死去。嗣子が無かったため、弟の備中国足守藩主長晟(ながあきら)が家督を相続し、徳川家康の3女振姫と結婚。福島正則の改易後、元和5年(1619年)に安芸国広島藩42万6千石に加増転封となり、幕末まで存続。

また3男の長重は、父長政の隠居料を相続して真壁藩主となり、息子の長直の代に播磨国赤穂藩5万石に転封に。この3男長重の曾孫が赤穂事件で有名な浅野内匠頭長矩(ながのり)。

ウコギ長屋から始まった天下取りコネクション

浅野長政は、織田信長に仕える下級武士のウコギ長屋に住んでいた母の姉妹の嫁ぎ先の養子となり、もらった嫁がややで姉がのちの北政所寧々、その夫が木下藤吉郎秀吉だったため、一生懸命付いて行ったら大名になったという人。

もちろん長政はやや夫人のおかげだけで出世したわけではなく、秀吉の信頼を得て仕事を任される器量を持っていたし、息子幸長もなかなかの武将として活躍。そして秀吉亡き後も自分の立場をしっかりわきまえ、おそらくは北政所寧々の助言もあったはず。

関ヶ原前の大事な時に陰謀で蟄居させられたこともあったが、率先して徳川家康に従い、秀吉の親族として動向を注目されるなか、息子とともに東軍に参加、家康にも感謝される働きをしたということ。関ヶ原後は嫡男幸長の娘は家康の9男尾張義直に嫁ぎ、幸長の後を継いだ3男の嫁に家康の娘をもらうなど徳川家と親戚となり広島42万石の大大名に。

秀吉の親族でもピンキリで色々な人がいたため、身から出た錆で破滅した人から、目立ちすぎて家康に睨まれて滅ぼされた人、惜しまれて早死にした人など様々ですが、長政はそれほど目立った働きではなかったが、羽目を外さずしっかりと役目を果たし、また時流を見極める目を持って生き残ったのではないでしょうか。

" /> 織田、豊臣、徳川時代を生き抜いた「浅野長政」秀吉の義弟を歴女がわかりやすく解説 – ページ 2 – Study-Z
室町時代戦国時代日本史歴史

織田、豊臣、徳川時代を生き抜いた「浅野長政」秀吉の義弟を歴女がわかりやすく解説

2-1、長政、京都奉行職に

天正10年(1582年)本能寺の変が勃発。秀吉は、備中高松城水攻めの最中だったが、毛利と講和して中国大返しで京都に引き返し、山崎の戦いで明智光秀を撃破。そして信長亡き後の織田家中で存在感を増し、清洲会議で信長亡き後の後継者を決め、光秀の近江や山城の遺領を手中に。

秀吉に従っていた長政は北政所寧々の伯父杉原家次とともに、京都奉行に任命、秀吉の蔵入地の代官、太閤検地のはじまりとされる山城国検地の奉行も務めるなど、杉原家次が病気で前田玄以と交代後も長政と玄以で禁裏御領、門跡領などが多くある土地の複雑な問題を処理、秀吉の内政面を支えたということ。

その後、長政は、天正11年(1583年)4月の賤ヶ岳合戦で功績を挙げて、近江国瀬田城主として8月、近江国甲賀郡栗太郡で2万300石の大名となり、その後、瀬田城から坂本城、大津城に移ることに。

2-2、長政、秀吉の天下統一を補佐

天正12年(1584年)、秀吉対織田信雄、徳川家康の連合軍との小牧・長久手の戦いでは、長政は1500の兵を率いて秀吉に従軍。そして合戦の後、天正14年(1586年)家康との和解のための妹の朝日姫が家康と政略結婚の際、浜松に同行。

その後も天正15年(1587年)の九州平定に従軍して活躍したので、若狭国小浜8万石をもらって国持ち大名になり、翌年には従五位下弾正少弼(だんじょうのしょうひつ)に叙任。また、天正18年(1590年)の小田原征伐では忍城の戦いに参加、攻城戦の終盤から戦後処理にかけて、石田三成に代わり長政が主導的な役割を果たしたということで、同年の奥州仕置きと呼ばれる奥羽検地でも長政は石田三成と大谷吉継とともに奉行を務め、この「奥州仕置き」に反発した葛西大崎一揆翌年の九戸政実の乱には、羽柴秀次の軍奉行として従軍。

こうして長政は東国の大名と関係が深くなり、そして秀吉が諸大名から没収した金銀山の管理も担当。

2-3、長政、文禄の役でも軍監に

秀吉は、関白となり天正13年(1585年)朝廷から豊臣姓を下賜され、一門や家来に豊臣姓を与えたが、天正20年(1592年には)長政にも豊臣姓が。
そして文禄元年(1592年)文禄の役で長政は肥前名護屋城に陣したが、渡海前に肥後国葦北郡佐敷で梅北一揆が起こり、秀吉は激怒して長政に鎮圧を命じ、軍の大将に長政の嫡男幸長(よしなが)を、そして徳川家康に要請して副将に本多忠勝を付けたが、現地到着前に一揆は鎮圧。幸長はその後渡海、長政は奉行として一揆の沙汰を行ったそう。幸長は朝鮮では3000の軍勢を率いて伊達政宗を後見人とし、加藤清正の隊と合流して各地を転戦したということ。

文禄2年(1593年)11月、秀吉は、長政と幸長親子に、8月に挑戦で陣没した加藤光泰の所領であった甲斐国府中22万5000石を、幸長に16万石、長政に5万5000石、1万石は公料(蔵入地)として与えたそう。

\次のページで「2-4、長政、秀次事件で連座後、五奉行に就任」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: