国語言葉の意味

【慣用句】「歯に衣着せぬ」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

「frank」

frank は「率直な・包み隠さない」という意味をもつ形容詞です。主に人や話に対して使われ、それらが率直で正直な様子や態度であることを表現できますよ。

ID: ↑パーツ内本文:75文字

a frank opinion
率直な(歯に衣着せぬ)意見

My elder sister is frank with me about everything.
姉は私には何事もオープン(正直)である。

ID: ↑パーツ内本文:100文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「歯に衣着せぬ」ことが良いか悪いかは時と場合によって変わってくる。相手の気持ちを尊重しつつ、自分の思いを正直に伝えるそのバランスが大切だ。

ID: ↑パーツ内本文:69文字

「歯に衣着せぬ」を使いこなそう

この記事では「歯に衣着せぬ」の意味・使い方・類語などを説明しました。

相手の顔色を伺って言葉をオブラートに包んで伝えることも、率直に「歯に衣着せぬ」物言いをすることも、どちらも大切なコミュニケーション能力ではないでしょうか。シンプルだけれどあえて比喩を使って表現している点に、言葉の深みや日本語の面白みが隠れているように思います。日常生活で今後「歯に衣着せぬ」何かに出会ったら、どのようなニュアンスで使われているかを確認してみてくださいね。

ID: ↑パーツ内本文:221文字
1 2 3 4
Share: