理科生物生物の分類・進化

「ロバート・ブラウン 」って何した人?現役講師がわかりやすく解説

今回も生物学史に名をのこす有名な科学者を紹介しよう。この記事の主役は科学者、ロバート・ブラウンです。

ロバート・ブラウンという名前を聞いて何をした科学者かを答えられるやつは、なかなかの科学史通です。生物学だけでなく、化学や物理にも影響を与えた重要な人物です。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

ロバート・ブラウン

ロバート・ブラウン(Robert Brown)は18世紀から19世紀にかけて生きたイギリスの植物学者です。

生涯

ロバート・ブラウンは1773年にイギリス・スコットランドのモントローズで生まれました。

彼は1790年には家族でエディンバラに引っ越し、エディンバラ大学へ入学します。初めは医学を学ぶつもりでしたが、大学で学ぶうちに植物学に興味を持つようになりました。

1793年に医療を学ぶコースをドロップアウト。1794年には軍隊に入隊しましたが、兵役中にあっても植物学への意欲が衰えず、時間のある時にはあちこちへ植物採集に行っていました。1800年ごろには植物学者の中でも名の知れた存在になっています。

Robert brown botaniker.jpg
パブリック・ドメイン, リンク

1798年、オーストラリアの自然を調査するチームに空きがあるという話を聞きつけ、ブラウンは参加を表明。紆余曲折がありましたが、著名な博物学者であるジョセフ・バンクスの推薦もあり、調査に加われることとなりました。

1801年からオーストラリアで植物を収集すること数年。1805年にイギリスで知られていなかった植物の標本をたくさん持ち帰り、植物の分類についての研究を行います。帰国後5年もかかってオーストラリアの1200種にも上る植物を記載し、数々の分類群を提唱しました。

その後ブラウンは、ジョセフ・バンクスの蔵書と植物標本を受け継ぎ、管理を任されます。1827年にはその標本がロンドンの大英博物館へ譲渡されることとなり、ブラウン自身も管理者として大英博物館に所属することになりました。

それから約30年間、亡くなるまでブラウンは植物標本部門の管理者として大英博物館に身をおきます。1858年、84歳のときにロンドンで亡くなりました。

image by Study-Z編集部

ロバート・ブラウンの功績

\次のページで「ブラウン運動を記録」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: