国語言葉の意味

【四字熟語】「百折不撓」の意味や使い方は?例文や類語も含めてセンター国語190点オーバーの古典・歴史マニアが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「百折不撓」について解説する。

端的に言えば「百折不撓」の意味は「 何度失敗しても信念を曲げないこと。」だが、四字熟語の多くは古典が基になっている。それを抜きに意味を覚えたところですぐに記憶から抜け落ちてしまう。元の話やドラマを理解しておくと、忘れないし、本当の意味で言葉を使うことができるぞ。

センター国語190点オーバーの古典・歴史マニアのライター タケダ タケシを呼んだ。一緒に「百折不撓」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

takeda

ライター/タケダ タケシ

年間200冊を超える本を読み、センター試験国語では190点オーバーの無類の国語好き。同時に歴史・古典のオタクでもある。熱い語り口が特徴。満点に届かなかった理由は漢字の「書き」ができなかった模様。なお、数学の失敗で国立大にも受からなかったらしい。反面教師にしてくださいとは本人の弁。

「百折不撓」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「百折不撓」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。
桜木先生もおっしゃっていましたが、意味をただ覚えることではなく、元になった故事や経緯を把握することが重要です。意味をサラッと流してもらい、語源に注目してみてください。言葉の持つ歴史や、本当の面白さ、豊かさがわかります。

「百折不撓」の意味は?

「百折不撓」を辞書で引くと、次のような意味が出てきます。言葉を学ぶときは辞典・辞書は極めて有用です。
アナログ・デジタル・ネットどんな辞書でも構いません。こまめに辞書を引くクセをつけてください。
意味はさらっと、と言っていたのに辞書?と思われるかもしれませんが、辞書を引いてわかるものは意味だけではないのです。

ちなみに筆者はネットで調べる場合「コトバンク」と「goo辞典」を使用してます。

ひゃくせつふとう
何度失敗して挫折ざせつ感を味わっても、くじけずに立ち上がること。どんな困難にも臆おくせず、初めの意志を貫くこと。

出典: 学研 四字熟語辞典

辞書を引くと意味のほかに出典や用例を見ることができます。

先ほどからお話させていただいているように、大事なのはドラマ!であり文化!なので「意味」だけではなく「出典」とか書かれている箇所が非常に重要です。上記の辞書を確認すると出典:蔡邕(さいよう)「橋大尉碑(きょうたいいのひ)」との記載があります。

蔡邕という中国の文化人が、尊敬し使えた橋玄(きょうげん)という人物の功績をたたえる碑文に残した言葉に由来することがわかるのです。

それでは今から1800年前。三国志前夜に活躍した人物のお話です。

「百折不撓」の語源は?

橋玄は碑文が残されるくらいですから当時は相当の有名人。若くして功曹(こうそう、今でいうと地方自治体の人事を取り仕切る人事部長のような役職)につくと、自分より上位の人間の不正を告発。上層部からの圧力がかかっても全く負けずに不正を働いていた役人を有罪にします。このことで有名になり、様々な役職につき功績をあげていきました。兵を率いて戦争でも勝っていますので文武両道の人物です。反面、厳格すぎる性格から嫌われることも多く、牢に入れられたり、左遷されたり。それでも優秀だったので何度も呼び戻され地位を上げていくという、まだ漢が力を維持できていた比較的平和な時代においては類を見ないドラマチックな人生でした。

そんな彼の功績を称えた碑文に記されたのがこの言葉。
『有百折不撓、臨大節而不可奪之風』
百回折れても志をまげず、大任を任されても全く動じない。この言葉の前半部分をとり「百折不撓」として使われています。

次のページを読む
1 2 3
Share:
takeda