国語言葉の意味

【四字熟語】「鎧袖一触」の意味や使い方は?例文や類語も含めてセンター国語190点オーバーの古典・歴史マニアがわかりやすく解説!

この記事では「鎧袖一触」について解説する。

端的に言えば「鎧袖一触」の意味は「鎧の袖に触れるだけで簡単に相手を倒してしまうこと。」ですが、四字熟語の多くは古典が基になっている。それを抜きに意味を覚えたところですぐに記憶から抜け落ちてしまう。元の話やドラマを理解しておくと、忘れないし、本当の意味で言葉を使うことができるぞ。

センター国語190点オーバーの古典・歴史マニアのライター タケダ タケシを呼んです。一緒に「鎧袖一触」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/タケダ タケシ

年間200冊を超える本を読み、センター試験国語では190点オーバーの無類の国語好き。同時に歴史・古典のオタクでもある。熱い語り口が特徴。満点に届かなかった理由は漢字の「書き」ができなかった模様。なお、数学の失敗で国立大にも受からなかったらしい。反面教師にしてくださいとは本人の弁。

「鎧袖一触」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「鎧袖一触」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。
桜木先生もおっしゃっていましたが、意味をただ覚えることではなく、元になった故事や経緯を把握することが重要です。意味をサラッと流してもらい、語源に注目してみてください。言葉の持つ歴史や、本当の面白さ、豊かさがわかります。

「鎧袖一触」の意味は?

「鎧袖一触」を辞書で引くと、次のような意味が出てきます。言葉を学ぶときは辞典・辞書は極めて有用です。
アナログ・デジタル・ネットどんな辞書でも構いません。こまめに辞書を引くクセをつけてください。
意味はさらっと、と言っていたのに辞書?と思われるかもしれませんが、辞書を引いてわかるものは意味だけではないのです。

ちなみに筆者はネットで調べる場合「コトバンク」と「goo辞典」を使用してます。

がいしゅう-いっしょく

相手をたやすく打ち負かしてしまうたとえ。弱い敵人にたやすく一撃を加えるたとえ。鎧よろいの袖そでがわずかに触れただけで、敵が即座に倒れる意から。▽「鎧袖」は鎧の袖。「一触」はほんの少し触れること。

出典:三省堂 新明解四字熟語辞典

辞書を引くと意味のほかに出典や用例を見ることができます。

先ほどからお話させていただいているように、大事なのはドラマ!であり文化!なので「意味」だけではなく「出典」とか書かれている箇所が非常に重要です。上記の辞書を確認すると出典:『日本外史(にほんがいし)』二との記載があります。

江戸時代の歴史書である日本外史の記載が基になっていることがわかるのです。

それでは今から800年前。平安時代の終わり頃のお話です。

「鎧袖一触」の語源は?

日本外史でこの言葉が登場するのは平安時代末期、保元の乱の時のエピソード。源為朝(みなもとのためとも)が平清盛(たいらのきよもり)と戦う前に放ったとされる言葉です。「平清盛なんぞは私の鎧の袖が触れただけでふっとんでしまいます」とのこと。

楽勝だぜ!イチコロだ!という意味合いでとらえて構いません。

実際『保元物語』によれば為朝は得意の意味で大活躍し清盛陣営に大打撃を与えていますので、この言葉は決して大言壮語ではないのでしょう。もっとも、個人の活躍でもどうにもならないことが多いのは戦争の常。為朝の属した陣営は敗れてしまいました。

また、数百年後の歴史書に書かれた言葉ですから、実際言ったかどうかはあやしいところではあります。日本外史は現代で言うならば歴史書というよりは歴史物語といったニュアンスがあるともいえるでしょう。歴史作家・司馬遼太郎の作品は綿密に背景が調べられ素晴らしい作品が多いですが、登場人物の発言が事実かと言われれば別の話ですからね。

\次のページで「「鎧袖一触」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: