国語言葉の意味

【四字熟語】「天網恢恢」の意味や使い方は?例文や類語も含めてセンター国語190点オーバーの古典・歴史マニアが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「天網恢恢 」について解説する。

端的に言えば「天網恢恢 」の意味は「悪事は必ず露見するという意味。」だが、四字熟語の多くは古典が基になっている。それを抜きに意味を覚えたところですぐに記憶から抜け落ちてしまう。元の話やドラマを理解しておくと、忘れないし、本当の意味で言葉を使うことができるぞ。

センター国語190点オーバーの古典・歴史マニアのライター タケダ タケシを呼んだ。一緒に「天網恢々 」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

takeda

ライター/タケダ タケシ

年間200冊を超える本を読み、センター試験国語では190点オーバーの無類の国語好き。同時に歴史・古典のオタクでもある。熱い語り口が特徴。満点に届かなかった理由は漢字の「書き」ができなかった模様。なお、数学の失敗で国立大にも受からなかったらしい。反面教師にしてくださいとは本人の弁。

「天網恢恢」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「天網恢々」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。
桜木先生もおっしゃっていましたが、元になった故事や経緯が重要です。意味をサラッと流してもらい、語源に注目してみてください。言葉の持つ歴史や、本当の面白さ、豊かさがわかります。

「天網恢恢」の意味は?

「天網恢恢」を辞書で引くと、次のような意味が出てきます。言葉を学ぶときは辞典・辞書は極めて有用です。
アナログ・デジタル・ネットどんな辞書でも構いません。こまめに辞書を引くクセをつけてください。
意味はさらっと、と言っていたのに辞書?と思われるかもしれませんが、辞書を引いてわかるものは意味だけではないのです。

ちなみに筆者はネットで調べる場合「コトバンク」と「goo辞典」を使用してます。

てんもう-かいかい
天が張りめぐらした網は広く、目が粗いようだが、悪人・悪事は決して取り逃がさないということ。天道は厳正であり、悪は早晩罰を受けるということで、悪事を戒める言葉。▽「恢恢」は広く大きいさま。「天網恢恢疎そにして失わず」「天網恢恢疎にして漏らさず」の略。

出典:三省堂 新明解四字熟語辞典

上に描かれている通り「恢恢」は広く大きいさま。不思議だという意味で「怪々」快いという意味で「快々」などという表記は誤記になりますのでご注意ください。

辞書を引くと意味のほかに出典や用例を見ることができます。

先ほどからお話させていただいているように、大事なのはドラマ!であり文化!なので「意味」だけではなく「出典」とか書かれている箇所が非常に重要です。上記の辞書を確認すると出典:『老子(ろうし)』七三章との記載があります。

中国思想の源流の一つであり、今も通じる道徳を説いた老子の言葉に由来することが分かるのです。

それでは、今回は今から2000年以上前、偉大な思想家の言葉に耳を傾けてみましょう。

「天網恢恢」の語源は?

老子はほとんど伝説上の人物です。中国思想の根幹であり、我々の抱く中国の仙人のイメージの大本になっています。多くの説で生きたとされるのは今から2000年以上前の春秋戦国時代。司馬遷の史記に記載はあるものの、160歳まで生きたとか、教えを残した後は道を究めるためにローマやインドに旅立ったなどにわかに信じがたいエピソードが山のよう。儒教の創始者である孔子にも教えを説いたと言われています。道教では創始者とされ、太上老君という最高位の神様だったりも。太上老君はいろいろな物語にも登場しますよ。キリスト教でのイエスのようなイメージでとらえてもいいのでしょう。こちらは老人ですけど。

そんな老子が天という超越的な存在について語っているのがこの一節。原文を一部ご紹介します。

  天之道、不爭而善勝、不言而善應、
  天は、戦わなくても勝ち、何も言わなくても答える。

  不召而自來、
  呼ばなくても自身で勝手にやってくる、

  繟然而善謀。
  とんでもなく大きいのに、上手に計画されている。

  天網恢恢、疏而不失。
  天が張り巡らす網は、目が粗いけど、何事も見逃すことはない。

この言葉から「天網恢恢疎にして漏らさず」あるいは「天網恢恢」という言葉が生まれました。

次のページを読む
1 2 3
Share:
takeda