国語言葉の意味

【四字熟語】「戦戦恐恐」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

戦戦恐恐と面接会場に向かう。

隊員たちは戦戦恐恐としながら、行方不明者の捜索にあたった。

この例では、結果がわからない、先行きの見えない不安感を示す言葉として「戦戦恐恐」が使われており、「恐れつつしむ様子」に近いものがあります。

あまりこの使い方はしませんが、「戦戦恐恐」の使い方の1つです。

「戦戦恐恐」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 58456434

恐れてびくびくする様子」という意味での「戦戦恐恐」には、いくつかの類義語があります。

「戦々慄々」

「戦々慄々」は「せんせんりつりつ」と読みます。こちらは「戦戦恐恐」とほとんど同じ意味ですが、どちらかといえば人物の様子よりもその場の様子を示す言葉です。

部下に厳しい上司のせいで、職場はいつも戦々慄々としていた。

戦々慄々とした雰囲気の中、彼は勇気を持って手を挙げた。

「小心翼翼」

「小心翼翼」は「しょうしんよくよく」と読みます。こちらも意味は「戦戦恐恐」と変わりませんが、より人間の様子を表すことに特化した熟語です。

環境が前職と大きく変わったため、彼女は小心翼翼としていた。

サッカー未経験者の自分にパスが回ってきたらどうしようかと、私は試合のたびに小心翼翼としていた。

ほとんど同じ意味でも、これらの言葉は使うべき場面が違いますので、文脈や意味に注意することが重要です。

\次のページで「「戦戦恐恐」の対義語は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: