国語言葉の意味

【四字熟語】「一触即発」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

父と母は互いへの不満から関係が悪化し、今では一触即発の状態になっている。

キューバでのミサイル基地建設と海上封鎖により、アメリカとソ連はまさに一触即発となった。

このように、日常的な状況から社会・国際的な内容まで、幅広い場面で使える熟語です。

一方、いいことや喜ばしいことが起こりそうなときに一触即発は使いません。

誕生日を明日に控え、彼は一触即発の状態になっている。

被災地には多くのボランティアが駆けつけ、一触即発の状態となった。

この例文では、誕生日が近くて嬉しさがあふれ出しそうな様子や、多くの人が被災地を支援しようと待ち構えている様子を表そうとしています。こうした場面では、一触即発は使いません。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「一触即発」は、便利だが使う場面に気をつけないといけない言葉のようだな。

次は類義語などを詳しく見ていくぞ。

「一触即発」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 31654370

一触即発には多くの類義語があります。代表的なものをいくつか見ていきましょう。

「危機一髪」

危機一髪は「ききいっぱつ」と読み、以下のような意味になります。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: