国語言葉の意味

「大言壮語」って?ネガティブな意味だけ?使い方・類語・対義語などを元小学校教諭が解説

「大言壮語」する人の心理とは?

image by iStockphoto

ここまで「大言壮語」をいろいろな角度から見てきました。随分とネガティブな言葉だと感じた人も多いことでしょう。ではなぜ、人は「大言壮語」するのか。最後に「大言壮語」する人の心理を考えてみたいと思います。

ID: ↑パーツ内本文:100文字

本能的な防御反応

一つ目は「本能的な防御反応」です。私たちは一生のうちで、さまざまな人や場面に出会います。その中には、自分の力では到底太刀打ちできず、打ちのめされてしまうようなこともあるでしょう。自らの力の無さを思い知らされ、コンプレックスにさいなまれるかもしれません。

そんな時、人は自分の心を守るために本能的に防御反応をします。その一つが「大言壮語」です。「その場を立ち去る」という方法もあるでしょう。しかし、そうもできない時は、実力以上であっても大きなことを言って自分のプライドを何とか保っていると考えられるのではないでしょうか。

ID: ↑パーツ内本文:260文字

自分を奮い立たせる手段

もう一つは「自分を奮い立たせる手段」です。「大きなことを言う」ということは、言い方を変えれば「夢が大きくポジティブ」だということ。現在の自分の力や状況を理由に、何の夢も語れないような人間のほうがよっぽど悲しいのかもしれません。

活躍するスポーツ選手ほど、試合前のインタビューでは大きな目標を掲げているように感じます。もちろんそれは、それまでの努力や実力に裏付けされたものです。しかし決してそこで満足せず、常にその上の結果を目指しているからこその言葉ではないでしょうか。有名な選手でなくても、誰もが自分を奮い立たせ高めるために「大言壮語」の必要な時があるように感じます。

ID: ↑パーツ内本文:285文字

たまには「大言壮語」を吐くのもあり?

この記事では「大言壮語」の意味や使い方・類語・対義語などを説明しました。「大言壮語」は「実力以上に大きな事を言うこと」という意味でした。相手を批判するようなネガティブな意味合いで使うことが一般的な言葉です。ただ、誰にでも「大言壮語」を吐いた経験は多かれ少なかれあるものではないでしょうか。「大言壮語」は決してダメなものではないと思うのです。「大言壮語」することで、自分を守ったり奮い立たせたりすることだってできます。たまには「大言壮語」を吐くのもありかもしれませんよ。

ID: ↑パーツ内本文:234文字
1 2 3
Share: