この記事では「生きがい」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「a reason for living」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC645点で、現役の英語講師であるライターLilygirlを呼んです。一緒に「生きがい」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/Lillygirl

中学時代に苦手だった英語を克服した現役英語講師。わかりやすい説明をモットーに。日々英語の解説に励む。

「生きがい」の意味と使い方は?

今回考える言葉は、「生きがい」です。一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか?
「生きがい」とはなんでしょうか?それでは、「生きがい」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「生きがい」の意味

「生きがい」には、次のような意味があります。

1.生きるに値するもの
2.生きていくはりあいや喜び

出典:デジタル大辞泉(小学館)「生きがい」

「生きがい」の使い方・例文

次に「生きがい」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.この仕事は私の生きがいだ。
2.生きがいを見つけることはとても大切だ。しかし、それはすごくむずかしい。

\次のページで「「生きがい」の英語での表現は?」を解説!/

「生きがい」の英語での表現は?

image by iStockphoto

日本語の意味と使い方を復習したところで、いよいよ英語での表現を見ていきましょう。

「生きがい」の英語表現

「生きがい」に相当する英語表現は「a reason for living」です。

直訳すると、「生きる理由」となり、「生きがい」と同じ意味を持ちます。

主語に「生きがい」の理由(家族、信仰心、仕事など)を入れて、文章を作ってみましょう。

1.  It is important to find the reason for living.
生きがいを見つけることは大切だ。

2.Volunteer is a reason for living for me.
ボランティアは私にとって生きがいだ。

3.Today, it is more difficult to find a reason for living.
今日、生きがいを見つけるのは本当に難しくなっている。

4.  My family is a reson for living.
家族は生きがいだ。

「a reason for living」と似たような英語表現・フレーズは?

最後に英語で使われる同じような意味を持つ表現を見ていきましょう。

似た表現その1「(one's) life worth living」

言い回しは異なりますが、下記でも「a reason for living」と同じような意味を表現することができます。

それは、「(one's) life worth living.」です。「worth」は「価値」という意味があります。
「生きる価値がある」というニュアンスですね。「人生を捧げる」とも言えるかもしれません。

(one's)には生きがいを持っている人を入れましょう。

それでは、例文です。

\次のページで「「生きがい」を英語で言ってみよう」を解説!/

1.Faith is his life worth living. He is enegetic! 
彼にとって信仰心は生きがいだ。彼はとても生き生きしている。

2.Find something of your life woth living.  That makes your life better.
何か生きがいを見つけなさい。人生はよりよくなるよ。

3.Don't forget your life woth living. Life is a treasure.
生きがいを忘れるな。人生は宝物だよ。

「生きがい」を英語で言ってみよう

この記事では「生きがい」の意味・使い方・英訳を説明しました。

「生きがい」というのは、人生に不可欠ですね。「生きる価値」や「人生のはりあい」と表現される日本語もいいですが、シンプルに「目的」または「価値」、「理由」とわかりやすく表現できるのが英語の魅力かもしれません。

上手に、自分の「生きがい」を伝えてみましょう。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【英語】「生きがい」は英語でどう表現する?「生きがい」の英訳と使い方をわかりやすく解説! – Study-Z
英訳英語

【英語】「生きがい」は英語でどう表現する?「生きがい」の英訳と使い方をわかりやすく解説!

この記事では「生きがい」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「a reason for living」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC645点で、現役の英語講師であるライターLilygirlを呼んです。一緒に「生きがい」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/Lillygirl

中学時代に苦手だった英語を克服した現役英語講師。わかりやすい説明をモットーに。日々英語の解説に励む。

「生きがい」の意味と使い方は?

今回考える言葉は、「生きがい」です。一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか?
「生きがい」とはなんでしょうか?それでは、「生きがい」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「生きがい」の意味

「生きがい」には、次のような意味があります。

1.生きるに値するもの
2.生きていくはりあいや喜び

出典:デジタル大辞泉(小学館)「生きがい」

「生きがい」の使い方・例文

次に「生きがい」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.この仕事は私の生きがいだ。
2.生きがいを見つけることはとても大切だ。しかし、それはすごくむずかしい。

\次のページで「「生きがい」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: