地学地質・歴史理科

恐竜の時代「中生代」とは?理系ライターがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回は中生代について解説していくぞ。

中生代はなんといっても恐竜によって特徴づけられる時代だ。古生物にまったく興味がない人でも、恐竜のことは知っているだろう。恐竜達が地上を闊歩していた中生代について学んでみよう。

今回は物理学科出身のライター・トオルさんと解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

tohru123

ライター/トオル

物理学科出身のライター。広く科学一般に興味を持つ。初学者でも理解できる記事を目指している。

中生代について

image by iStockphoto

中生代とは現在より約2億5200万年前から約6600万年前までの期間を表す地質学的時代区分です。さらに中生代は古いほうから、三畳紀、ジュラ紀、白亜紀に区分されています。中生代は何より恐竜の時代として知っている人も多いはずです。人間はなぜか恐竜が大好きで、たくさんいる古生物の中でも屈指の人気を誇っています。

恐竜が繁栄した中生代ですが、他の大型の生物もたくさん繁栄していて、生物的には豊かな時代だったようです。これは非常に温暖だった気候が影響しているのかもしれません。しかし、酸素濃度は現在よりだいぶ低かったようです。恐竜を含め、大型動物が地上に栄えていた中生代は、約6600万年前に突然の終わりを迎えます。今回はこのような中生代について紹介してみましょう。

上記の画像は中生代の想像図です。

古生代末の大量絶滅からの繁栄

ElrathiakingiUtahWheelerCambrian.jpg
Wilson44691投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, リンクによる

中生代の前の時代である古生代の末、約2億5200万年前に地球史上最大級の生物大量絶滅が起こりました。今見つかっている化石記録によると、海洋生物の無脊椎動物が科のレベルで52パーセント、脊椎動物は科のレベルで82パーセントも絶滅したと推定されています。古生代には大繁栄していた三葉虫やフズリナなどすべて絶滅してしまいました。ちなみに、原因はよくわかっていません。

この大量絶滅の影響が大きく、中生代に入っても生物の多様性は数百万年も回復しませんでしたが、中生代の最初の三畳紀(約2億5200万年~約2億年前)中には生物の多様性が回復しました。中生代には、六放サンゴ、セラタイト型アンモナイト、ベレムナイト、翼形二枚貝、放散虫、貝蝦、ウミユリなどが繁栄したことが知られています。

上記の画像は古生代で絶滅した三葉虫の化石画像です。

恐竜の台頭

Pteranodon amnh martyniuk.jpg
Matt Martyniuk投稿者自身による作品, CC 表示 3.0, リンクによる

生物の多様性が回復していくにつれて恐竜が台頭してきました。恐竜とは双弓類から分かれた鳥盤類と竜盤類の系統を指します。鳥盤類はトリケラトプスやステゴサウルスなどです。竜盤類はさらに竜脚形類と獣脚類に分かれていて、竜脚類形類にはブラキオサウルスやディプロドクスなどが、獣脚類にはティラノサウルスやヴェロキラプトルなどに加えて鳥類が含まれます。

恐竜に間違えられがちですが、中生代には他の大型爬虫類も繁栄していました。プテラノドンなどの翼竜、イクチオサウルスなどの魚竜、プレシオサウルスなどの首長竜などです。これらは恐竜によく似ていますが、系統的に異なる生物になります。また、現生の鳥類は獣脚類に分類され、恐竜類の生き残りとも言えるようです。実際、最近の研究では、中生代でも羽毛を持つ獣脚類が多かったと考えられています。

上記はプテラノドンの化石画像です。先ほど述べたように、厳密にいえばプテラノドンは恐竜ではありません。

恐竜の特徴

Supersaurus.jpg
Zach Tirrell from Plymouth, USA – Supersaurus, CC 表示-継承 2.0, リンクによる

恐竜の特徴は、二足歩行する爬虫類であることで、巨大な尻尾を使ってバランスを取っていたものと考えられています。これは恐竜の際立った特徴です。恐竜とは、簡単に言えば直立歩行に適した骨格を持った爬虫類ということになります。恐竜は三畳紀にはまだ小さい生き物でしたが、やがて巨大なものが現れるようになり、ジュラ紀(約2億年前~約1億4500万年前)の後期には、スーパーサウルスのような全長30メートルにもなる種を含む史上最大級の動物になっていきました。

恐竜はジュラ紀から白亜紀(約1億4500万年前~6600万年前)にかけて大繁栄したことが知られていますが、この理由の一つに独特の呼吸器官の獲得が考えられてます。獣脚類は気のうとよばれる袋を体の中にいくつも持ち、それを使って肺に酸素を送り込み、効率的に呼吸していたようです。現生の鳥類も同じシステムで呼吸しています。

実は三畳紀からジュラ紀にかけて大気中の酸素濃度が13パーセント程度にまで低下していました。気のうはこの酸素濃度の低下に適応するために獲得された仕組みのようです。恐竜は、この効率的な呼吸システムのために、中生代において繁栄できたのかもしれません。

上記の画像はスーパーサウルスの化石画像です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

恐竜とは竜盤類と鳥盤類の生物をいう。首長竜などは厳密にいえば恐竜ではない。逆に現在の鳥類は恐竜類の生き残りだ。恐竜好きの人は覚えておこう。

次のページを読む
1 2
Share:
tohru123