国語言葉の意味

「懐が深い」の「懐」はどんな意味?使い方・類義語などを日本放送作家協会会員がわかりやすく解説

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「懐(ふところ)が深い」について解説する。
端的に言えば、懐が深いの意味は「心が広い」だ。「懐」の意味はわかっているか?「懐が深い」は人柄を褒める言葉だから、使い方を知っておくと学校やビジネスシーンでもすぐに使えるぞ
日本放送作家協会会員でWebライターのユーリを呼んだ。「懐が深い」の意味をチェックし、例文や類義語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ユーリ

日本放送作家協会会員。シナリオ、エッセイをたしなむWebライター。時代によって変化する言葉の面白さ、奥深さをやさしく解説する。

「懐が深い」の意味・使い方

image by iStockphoto

さっそく「懐が深い」の意味をチェックし、例文で使い方を見ていきましょう。

「懐が深い」の意味

まず、国語辞典で「懐が深い」の意味をチェックしましょう。

1 相撲で、腕と胸のつくる空間が大きく、相手になかなか回しを取らせない。
2 心が広く、包容力がある。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「懐が深い」

1は相撲の用語です。ここでの「懐」は「前に出した両腕と胸とで囲まれる空間」のこと。身長が高く腕が長い力士は、前に出した腕と胸とで作る空間が広いので、四つに組んだときに相手がなかなか回しをとれない」という意味です。2は「心が広く包容力がある」という意味ですね。なぜそのような意味になるのでしょうか。「懐」を調べてみるとわかりますよ。

1 衣服を着たときの、胸のあたりの内側の部分。懐中。
2 前に出した両腕と胸とで囲まれる空間。
3 周りを山などに囲まれた奥深い場所。
4 外界から隔てられた安心できる場所。
5 物の内部。内幕。
6 持っている金。所持金。
7 胸の内の考え。胸中。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「懐」

1のように「懐」衣服を着たときの胸の内側という意味。昔は着物の「懐」に物を入れて携帯していました。茶席などで使う和紙のことを「懐紙(かいし)」といい、護身用に隠し持つ短剣を「懐剣(かいけん)」といいますね。

ほかに5の「物の内部」「内幕」、7の「胸の内の考え」「胸中」などの意味があります。「懐」は胸の内側の部分であることから「物の内部」や「胸中」のことも指すようになり、「懐が深い」「心が広い」「包容力がある」という意味になりました。

「懐が深い」の使い方

次は例文で「懐が深い」の使い方を見ていきましょう。

\次のページで「「懐が深い」の類義語」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: