世界史

個性的すぎる「アメリカ歴代大統領」10人の生きざまを元大学教員が解説

よぉ、桜木建二だ。アメリカ合衆国大統領は初代のジョージ・ワシントンに始まり、さまざまな人物がつとめてきた。アメリカは二大政党制。共和党と民主党がしのぎを削るなか、大統領らしからぬユニークなキャラクターを排出する。ユニークすぎる言動で世界中の人を驚かせた、世界にインパクトを与える政策や戦争を牽引するなど、記憶の刻まれ方もいろいろだ。

それじゃ、個性あふれる「アメリカ歴代大統領」10人のキャラクターや事件簿、彼らに関連する政策の現代における評価を、世界史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

hikosuke

ライター/ひこすけ

文化系の授業を担当していた元大学教員。専門はアメリカ史・文化史。世界史をたどるとき「アメリカ歴代大統領」を避けて通ることはできない。「アメリカ歴代大統領」は、アメリカだけではなく世界に影響を与える存在。そこで今回は「アメリカ歴代大統領」10人をピックアップし、その個性的な生きざまを解説する。

草創期のアメリカ歴代大統領は多様な顔を持つ

image by PIXTA / 13096744

草創期のアメリカ歴代大統領は、政治家に括ることがでないほど、多様な顔を持っています。アメリカ独立戦争があったことから多いのが軍人。その他、思想家、政治学者、建築家としての才能もあわせ持つ教養人が中心でした。

アメリカ建国の父であるジョージ・ワシントン

ジョージ・ワシントンはアメリカ合衆国の初代大統領。政治家であると同時に軍人。黒人奴隷農場主でもあり、奴隷をかかえる南部の支持者を数多く確保していました。アメリカ独立戦争では強い愛国心から信頼度も高かったワシントン。このような彼の顔から、初代大統領にえらばれたのでしょう。

また、彼はフリーメイソンのメンバーであったことでも知られています。フリーメイソンは起源がはっきりとしない友愛結社。アメリカ建国期の政治家はフリーメイソンが多かったという説もあります。フリーメイソンの理念は「自由」「平等」「友愛」「寛容」「人道」の5つ。アメリカの基本理念である「平等」と重なる感じがしますね。

ヨーロッパの思想家と親交があるトーマス・ジェファーソン

トーマス・ジェファーソンは第三代大統領。「アメリカ独立宣言」の起草者のひとりで、すぐれた思想家としての顔を持っていました。ジェファーソンは知識が豊富な人物。そのため得意分野がたくさんありました。園芸、建築、考古学、古生物学にも精通していたそうです。さらに、バージニア大学の創設者の顔も持っているほどでした。

大統領職のあと、ジェファーソンはバージニア大学の運営にも関与。なかでも有名なのが、大学のキャンパスの建築設計です。それは彼の教育・政治の理念をあらわすデザインでした。アメリカの民主主義をあらわすのは、古代ギリシャ様式やローマ様式であると考えたジェファーソン。彼のデザインしたキャンパスは今でも見ることがでます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

現在の合衆国では1ドル札と25セントコインにジョージ・ワシントンの肖像を使用している。アメリカ建国の父として、政党の違いを超えて国民に支持された存在だ。

アメリカ歴代大統領は白人と非白人のあいだを揺れ動く

Jackson and Weatherford.jpg
By John Reuben Chapin, 1823-1894 , artist – This image is available from the United States Library of Congress‘s Prints and Photographs division under the digital ID ppmsca.32639. This tag does not indicate the copyright status of the attached work. A normal copyright tag is still required. See Commons:Licensing for more information., Public Domain, Link

インディアンとの抗争が激しくなり、さらには南北戦争が勃発する時期になると、合衆国大統領は白人と非白人のあいだを揺れ動きます。「平等」を理念としながらも、その対象となる人は限られていたのが現実。差別的な政策が推進されました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hikosuke