国語言葉の意味

【四字熟語】「竜頭蛇尾」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

羊頭狗肉」は「羊頭を掲げて狗肉を売る」を四字熟語にしたものだが、最近のコマーシャルを見ていると、「羊頭狗肉」のものが多いと思う。

「竜頭蛇尾」の対義語は?

最初は竜の頭のように威勢がいいものの、最後は期待はずれだというのが「竜頭蛇尾」ですから、その反対語として「徹頭徹尾」という四字熟語を紹介しておきますね。

「徹頭徹尾」

徹頭徹尾」の「徹」は、「頑固一徹」という四字熟語や「徹底的」という言葉からわかるように、一貫しているという意味で使われますね。ですから、「徹頭徹尾」は、最初から最後まで一貫しているという意味になりますね。「竜頭竜尾」と言い換えても良さそうですが、そういう四字熟語はありませんので、覚えておいてくださいね。

私のかかりつけの医院は、徹頭徹尾患者を大事にしてくれる、本当の意味での医療機関だ。

「竜頭蛇尾」の英訳は?

image by PIXTA / 20516401

竜頭蛇尾」をそのまま英単語に置き換えて、dragon head and snake tailなどと言ってみても、英語としての意味はないと思いますね。「竜頭蛇尾」の基本的な意味が、「最初は華麗だが最後は拍子抜け」ということですから、a bright beginning and a dull endingという表現が考えられますね。また、「竜頭蛇尾に終わる」のように動詞としての使い方もできますから、それはend in anticlimaxと英語で表現できますね。

「a bright beginning and a dull ending」

a bright beginning and a dull endingを日本語訳すると、「明るい始まりと鈍い終わり」となりますが、brightはふつうに明るいというだけではなく、「聡明な」という意味にもなりますね。dullもただ鈍いというだけではなく「愚鈍な」という意味も含まれていますから、「聡明な始まりと愚鈍な終わり」という訳も考えられますね。いずれにしても、まさに「竜頭蛇尾」ですね。

The party was a bright beginning and a dull ending.
そのパーティーは竜頭蛇尾だった。

\次のページで「「end in anticlimax」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: