国語言葉の意味

【四字熟語】「竜頭蛇尾」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

そのスポーツ選手は、鳴り物入りで入団したけれど、残念なことに予想に反して竜頭蛇尾の結果に終わってしまった。

彼はその気迫に満ちた顔から、ビジネスで成功するかと思っていたら、マナーがひどく悪くて、残念ながらまさに竜頭蛇尾というところだ。

宣伝では、時代を映す鏡のような映画ということだったが、実際に見てみると竜頭蛇尾だった。

フルコースの料理を注文したのだが、最初は立派な前菜が出たのに、メインもデザートも期待外れで、あのレストランのコースメニューこそ竜頭蛇尾と言うしかない。

ID: ↑パーツ内本文:240文字

最初は立派だから、それが最後まで続くかと期待したのに期待外れの結果に終わった、というのが「竜頭蛇尾」の意味ということになりますね。そういうことはよくあることですが、考え方によっては、最初から最後までまったくダメだった、というよりはマシかもしれませんが。

ID: ↑パーツ内本文:126文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

どうだ、「竜頭蛇尾」の意味や使い方がわかったかな。最初は頑張るけどすぐに諦めてしまうやつがいるけれど、そういうやつは「竜頭蛇尾」だな。

ID: ↑パーツ内本文:67文字

「竜頭蛇尾」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 14121044

竜頭蛇尾」の類義語として「虎頭蛇尾」がありますが、竜と虎は「竜虎」とセットにされることがありますので、これらの四字熟語は同義語と考えていいでしょう。「竜頭蛇尾」のほうが用語としてはふつうだと思いますが。

そのほかの類義語として、「尻つぼみ」と「尻切れとんぼ」、それに四字熟語の「羊頭狗肉」がありますので、ここで紹介しますね。

ID: ↑パーツ内本文:164文字

「尻つぼみ・尻切れとんぼ」

尻つぼみ」も「尻切れとんぼ」も、「尻」が含まれている表現ですが、それは「竜頭蛇尾」の「しっぽ」と同じだと考えてくださいね。「尻つぼみ」は、最初のことはともかくとして、最後は良くなかったいうことになりますね。

トンボという昆虫は、大きな目玉をしていて、胸部にはしっかりした脚と大きな羽が生えていますね。そのトンボの尻の部分が切れているのが「尻切れとんぼ」ということですから、最初に比べて最後が中途半端だったということになるでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:217文字

彼が会社の事務員として積み上げてきた実績は、尻つぼみだったね。

やりかかったら尻切れとんぼにならないよう、最後までやり抜かねばならない。

ID: ↑パーツ内本文:69文字

「羊頭狗肉」

四字熟語の「羊頭狗肉」の読み方は「ようとうくにく」で、直訳すると「羊の頭と犬の肉」ということになりますね。「竜頭蛇尾」と似ているような似ていないような、妙な四字熟語ですが、肉屋に羊の頭が掛けてあり、この肉屋では羊の肉が手に入るのかと期待したら、犬の肉しかなかったということですね。そう考えると、「羊頭狗肉」は「看板倒れ」という慣用句に言い換えることができますね。

ID: ↑パーツ内本文:181文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: