国語言葉の意味

【四字熟語】「竜頭蛇尾」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「竜頭蛇尾」について解説する。

端的に言えば竜頭蛇尾の意味は「期待外れ」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元国語塾講師で、ライターをしているトミー先生を呼んだ。一緒に「竜頭蛇尾」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/トミー先生

元国語塾講師で、通信教育で英語と国語の「赤ペン先生」などもやっていた。実はドイツ語が得意で、外国語を学ぶことにより国語を理解するのに役立つと実感している。今回は四字熟語の「竜頭蛇尾」について、語源と意味と使い方を自分でしっかり理解できるよう、わかりやすく解説していく。

「竜頭蛇尾」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 53197117

それでは早速「竜頭蛇尾」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。この四字熟語の読み方は「りゅうとうだび」ですが、「りょうとうだび」と読むこともありますので注意してくださいね。この四字熟語の意味を単純に考えると「竜の頭に蛇のしっぽ」ということになりますね。

竜は想像上の生き物ですが、中国では皇帝の象徴とされるほどの高貴な生き物で、頭は麒麟で鹿の角が生えていて、胴体は蛇ですが脚がありますね。翼はありませんが空を飛ぶこともできるのですよ。蛇に比べると威勢の良いのが竜ですから、その威勢の良さがおしまいまで続かないということが「竜頭蛇尾」の基本的な意味ということになりますね。

「竜頭蛇尾」の意味は?

竜頭蛇尾」には、次のような意味があります。手元にある国語辞典を引いてみると、次のように書かれていますね。

《「碧眼録」一〇則から。頭は竜、尾は蛇のようである意》初めは勢いがよいが、終わりは振るわないこと。「鳴り物入りの公演もーに終わった」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「竜頭蛇尾」

竜頭蛇尾」は、頭は竜でしっぽは蛇ということですから、最初の勢いが最後まで続かないことのたとえとして用いられますね。国語辞典には「鳴り物入りの公演も竜頭蛇尾に終わった」という例文が載せられていますので、このような使い方ができるのですよ。

また、「竜頭蛇尾」の出典である『碧巌録』は中国の宋時代の仏教書で、日本では禅宗の臨済宗で尊重されていますね。その翻訳は岩波文庫にありますから、興味があれば読んでみてください。

「竜頭蛇尾」の語源は?

次に「竜頭蛇尾」の語源を確認しておきましょう。「竜頭蛇尾」という用語は『碧眼録』に由来するのですが、この本にはさまざまな逸話が載せられていて、それによって禅宗の教理が示されているのですね。禅宗というと座禅が有名ですが、禅問答というのもありますね。それは、ある問いを与えられて、その答えを考える出すということですね。

修行をかなりしていた僧侶が旅の途中で別の僧侶と出会い、この問答してみたところ、その別の僧侶はなかなか達者な応答をしたのですね。しかし、途中でこれは「竜頭蛇尾」ではないかと思って難問を出してみたところ、その僧はやはり見掛け倒しの人物だったというお話で、そこにこの四字熟語の由来がありますね。

「竜頭蛇尾」の使い方・例文

竜頭蛇尾」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: