国語言葉の意味

一つの”心”と一つの”身体”!「一心同体」の意味や類義語などを院卒日本語教師がわかりやすく解説

ほかの人を見ていると、よく他人をホイホイ信用できるなぁ…と思うことがあります。ただ一方で、目標や志望校に向かって「一心同体」で頑張っている人たちを見ていると微笑ましく思えることもあるんですね。ところで、「一心同体」、分かりますよね?

この「一心同体」というのは「二人以上が心も体も一つであるかのように力を合わせること」という意味の表現です。受験において、「一心同体」で頑張って合格する学生も中にはいます。今日はその「一心同体」について、院卒日本語教師の筆者が解説していきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間働き、日本で大学院修士課程修了の日本語教師。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「一心同体」の意味や使い方は?

image by iStockphoto

「一心同体」という表現、時たま見聞きする表現ではあるでしょう。ただ、正確な意味を知らなかったり、正しく書けていなかったり…ということはあると思います。まずはその「一心同体」について、意味と使い方を確認していきましょう。

「一心同体」の意味は「二人以上が心も体も一つであるかのように力を合わせること」

最初に、「一心同体」の辞書での意味を確認していきましょう。「一心同体」は国語辞典では次のような意味が掲載されています。

二人以上の人が心も体も一つであるかのように力を合わせること。

出典:明鏡国語辞典 第二版(大修館書店)「いっしん-どうたい【一心同体】」

「一心同体」は「二人以上の人が心も体も一つであるかのように力を合わせること」という意味の四字熟語です。二人以上の人々が、お互いに気持ちを通い合わせ、行動も息ピッタリに行う様子を表します。

この四字熟語で大切なポイントは「気持ち(心)を通い合わせていること」です。よくある書き間違えで「一身同体」がありますが、これでは「心を良い合わせていること」が表現できていません。正しくは「一同体」です。気を付けましょう。

「一心同体」の使い方を例文とともに確認!

続いて、「一心同体」の使い方を例文とともに確認していきましょう。「一心同体」は名詞として用いられることが多く、「一心同体する」といった動詞の形や、「一心同体な~」といった形容動詞の形で用いられることは、ほぼありません。

\次のページで「「一心同体」の類義語は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: