ヨーロッパの歴史世界史歴史

女帝マリア・テレジアの「外交革命」とは?なぜ行った?歴女がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今日はマリア・テレジアが行った外交革命についてだ。マリア・テレジアと言えば、オーストリア・ハプスブルク家の長女として生まれ、父の死後にオーストリアを継承した人物だ。そんな彼女がこれまで敵対関係だったフランスと外交革命を行ったんだ。

その詳細について歴女のまぁこと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/まぁこ

ヨーロッパに関する歴史が好きなアラサー歴女。特にハプスブルク家、ブルボン家などヨーロッパの王家に関する書籍を愛読中!今回はマリア・テレジアの行った外交革命について解説していく。

1 オーストリア継承戦争

image by iStockphoto

マリア・テレジアがなぜ外交革命を行ったのか?そのきっかけとなったのは、オーストリア継承戦争でした。オーストリア継承戦争は、オーストリア・ハプスブルク家のカール6世に男子がいなかったため、長女マリア・テレジアに継承させたときに起こった戦争。ここではどのような経緯で継承戦争が起こったのか見ていきましょう。

1-1 オーストリア・ハプスブルク家の継承問題

事の発端は、オーストリアを治めるカール6世に男子の後継者がいなかったことから始まりました。そのためカールは長子相続に関する国事詔書を作り、各国に承認してもらうことに。ところが、カールの死後マリア・テレジアが継承する際にこれに各国が異議を唱えました。当時の彼女はわずか23歳。更に父王から帝王教育を授けられていませんでした。このため各国の君主は彼女のことを侮ることに。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

カール6世が国事詔書を各国に認めてもらうにあたって大きな犠牲を払うことになったんだ。例えばイギリスはカールに対しオーストリア東インド会社の即時閉鎖を要求してきたんだ。

1-2 フリードリヒ大王とは?

Friedrich Zweite Alt.jpg
アントン・グラフOriginally uploaded to de.wikipedia (All user names refer to de.wikipedia): 18:53, 24. Nov 2005 . . Caro1409 (Diskussion) . . 286 × 350 (17967 Byte) 18:51, 24. Nov 2005 . . Caro1409 (Diskussion) . . 286 × 350 (17967 Byte), パブリック・ドメイン, リンクによる

オーストリア継承戦争で最も早く動き、その後マリア・テレジアが外交革命を行うきっかけとなった人物はプロイセンのフリードリヒ2世。彼は一体どんな人物だったのでしょうか。

フリードリヒ2世はオーストリアの隣国の君主であり、啓蒙君主としても知られていますね。父フリードリヒヴィルヘルム1世によって少年時代にかなり過激なしつけを受けることに。フリードリヒが哲学書を愛読しフルートを吹き、音楽を愛したことから、父王の目からは「女の腐ったような軟弱者」とみなされることに。イギリスへ逃亡しようとした際には廃嫡しようとするほどでした。これを止めたのが、マリア・テレジアの父、カール6世。つまり、フリードリヒにとってはオーストリアには恩があるにも関わらずそれを仇で返すという形となることに。

1-3 継承戦争の経過

1740年に始まったオーストリア継承戦争では、プロイセンのフリードリヒ2世がオーストリア領だったシュレジエンを占領したことから始まることに。この戦争ではハプスブルク家の弱体化を狙ったフランス、スペイン、プロイセン、バイエルンなどの勢力がマリア・テレジアに襲い掛かることに。一方のマリア・テレジアにはイギリス、ロシアが援助することに。

戦況はフランス軍に一時プラハを占領されるなどマリア・テレジアにとって苦しいものとなることに。更に1742年にはフランスからの後押しを受けてバイエルン公が神聖ローマ皇帝となることに(カール7世と名乗る)。しかし植民地でフランスとスペインと戦ったイギリスが優位に戦闘を進めたことで次第に持ち直すことに。マリア・テレジアはハンガリーからの援軍を取り付け、盛り返していくことに。こうして終戦を迎えました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: