やはり結果を残す生徒とそうじゃない生徒は「一目瞭然」なんですね。すぐに分かるものです。この学生は合格できる、この学生は相当努力しないと無理だろうという具合に。

さて「一目瞭然」の意味は分かって聞いていますね。ん?ちょっと微妙?

「一目瞭然」は簡単に言えば「一目見ただけでハッキリと分かる」という意味の言葉です。院卒日本語教師の筆者が解説していきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学に再就職した、日本で大学院修士課程修了の日本語教師。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「一目瞭然」の意味や語源は?

image by iStockphoto

「一目瞭然(いちもくりょうぜん)」という言葉、聞いたことがないという人は少ないでしょう。ただ、こういった聞き覚えのある言葉ほど、正確な意味を忘れてしまいがちですよね。そこで、まずは「一目瞭然」の意味と語源を確認していきましょう。

「一目瞭然」の意味は「一目見ただけでハッキリと分かる」

最初に、「一目瞭然」の辞書での意味を確認していきましょう。「一目瞭然」は国語系の辞典に次のような意味が掲載されています。

一目見ただけではっきりとわかること。

出典:大修館 四字熟語辞典(大修館書店)「いちもく-りょうぜん【一目瞭然】」

「一目瞭然(いちもくりょうぜん)」は「一目見ただけでハッキリと分かる」という意味の四字熟語です。結果や2つの物の間の違いなどが、一目見ただけですぐに簡単に分かるほどにハッキリしていることを表します。「一目」は「一度ちょっと見ること」という意味を表し、「瞭然」は「ハッキリしている、明白な様子」を表す表現です。

「一目瞭然」の語源は鎌倉時代の中国の書籍!

「一目瞭然」という言葉が初めて文献に登場したのは、1270年に完成した『朱子語類』という中国・南宋の時代の朱子学についての書物です。『朱子語類』の137巻に、「高きより下を視れば、一目瞭然たり」(書き下し文)という記述があり、これが初出だと言われています。

1270年の日本は鎌倉時代の真っただ中、北条時宗が執権を務めていた時代です。つまりそれまでの日本には「一目瞭然」という言葉は存在しなかったと考えられます。1270年以降に中国から日本に入ってきた書物から流入したと言えるでしょう。

\次のページで「「一目瞭然」の使い方を例文とともに確認!」を解説!/

「一目瞭然」の使い方を例文とともに確認!

続いて、「一目瞭然」の使い方を確認していきましょう。「一目瞭然」が文中に含まれる3つの例文を用意しました。どのような場面、状況で「一目瞭然」が使用されているか、よく見ていきましょう。

1.定期テストの点数を見ると、ちゃんとテスト勉強してきた生徒とそうでない生徒の違いは一目瞭然だ。
2.空港での待ち合わせは不安だったが、アジア人は私1人だったため、相手にとって一目瞭然だった。
3.両チームの実力差は一目瞭然だ。AチームがBチームに勝つのは間違いないだろう。

例文1では、「ちゃんとテスト勉強をした生徒とそうでない生徒のテストの結果の違いは、とてもハッキリしている」という文脈で「一目瞭然」が使用されています。努力をしているかしていないか、結果は”一目瞭然”に現れるものなのです。

例文2では、「アジア人は私1人だったため、相手に私はハッキリと認識された」という文脈で「一目瞭然」が使用されています。黒人や白人だらけのなかで1人しかアジア系のひとがいなかったら、誰でもすぐに分かりますよね。

例文3は、「両チームの実力に明確な差がある」という文脈で「一目瞭然」が使用されています。試合の前からほぼ勝負が決まっているような状況、よくありますよね…。

「一目瞭然」の類義語は?

image by iStockphoto

次に、「一目瞭然」の類義語を確認していきましょう。「一目瞭然」の類義語は「灼然炳乎」「明明白白」「旗幟鮮明」の3つの四字熟語です。意味やニュアンスを確認し、「一目瞭然」と比較してみてください。

「灼然炳乎」:きわめて明らかな様子

「灼然炳乎(しゃくぜんへいこ)」は「きわめて明らかな様子」という意味の四字熟語です。日常生活で使用されることは少ない言葉ですが、文学作品の中にはぽつぽつと登場する表現ですね。意味やニュアンスは「一目瞭然」とほぼ同じです。

\次のページで「「明明白白」:非常にハッキリしていて疑う余地なし」を解説!/

「明明白白」:非常にハッキリしていて疑う余地なし

「明明白白(めいめいはくはく)」は「非常にハッキリしていて、少しも疑う余地がない」という意味の四字熟語です。「明明白白たる事実」のような形で使用されることが多く、間違いがない、疑念がないというニュアンスを含みます。「明々白々」と書いても問題ありません。

「旗幟鮮明」:主張や立場がハッキリしている

「旗幟鮮明(きしせんめい)」は「主張や立場がハッキリしていること」という意味の四字熟語です。意見や立場が中途半端であったり、どっちつかずのものであったりせずに、どの側に立つか明確であることを表します。「戦場に掲げられた旗印が、鮮やかではっきりしていること」が元々の意味で、旗印を主張や立場に例えて使用されるようになりました。

「一目瞭然」の英語表現は?

image by iStockphoto

最後に、「一目瞭然」の英語表現を確認していきましょう。「一目瞭然」の英語表現は「be obvious」です。意味や使い方、例文をここで確認していきましょう。

「be obvious」:明白である

「be obvious」は直訳すると「明白である」という意味の英語表現で、「一目瞭然」の訳語として使用されます。意味や使われる場面は「一目瞭然」と違いはありません

なお、「obvious at a glance」という表現も「一目瞭然」の訳語としてよく使用されます。こちらは直訳すると「一目見れば明白である」という意味です。ただし、こちらは「この音声データを聞けば一目瞭然だ」などのような、実際に目で見て確認しない場合には使用しづらいですね。

では、「be obvious」の例文を見てみましょう。

1.It will be obvious which of mine and Mr. Smith's claims is correct by listening to the audio data in evidence.
私とスミス氏の主張のどちらが正しいかは、証拠の音声データを聞けば一目瞭然でしょう。

2.I had never met Mr. Smith before, but I was able to spot him right away at the airport. His eccentric fashion was obvious.
スミス氏と会うのは初めてだったが、空港ですぐに彼を見つけることができた。彼の奇抜なファッションは一目瞭然だった

\次のページで「一生懸命やっている人間は「一目瞭然」!?」を解説!/

一生懸命やっている人間は「一目瞭然」!?

今回は「一目瞭然」について解説しました。「一目瞭然」は「一目見ただけでハッキリと分かる」という意味の四字熟語で、結果や2つの物の間の違いなどが、一目見ただけですぐに簡単に分かるほどにハッキリしていることを表します。

どんな物事でも、一生懸命に取り組んでいる人が出す結果や成果は、やはり一目瞭然です。目標や夢がある人は、一生懸命頑張りましょう。

" /> パッと見ただけで簡単に分かる!「一目瞭然」の意味や類義語などを院卒日本語教師が分かりやすく解説 – ページ 3 – Study-Z
国語言葉の意味

パッと見ただけで簡単に分かる!「一目瞭然」の意味や類義語などを院卒日本語教師が分かりやすく解説

「明明白白」:非常にハッキリしていて疑う余地なし

「明明白白(めいめいはくはく)」は「非常にハッキリしていて、少しも疑う余地がない」という意味の四字熟語です。「明明白白たる事実」のような形で使用されることが多く、間違いがない、疑念がないというニュアンスを含みます。「明々白々」と書いても問題ありません。

「旗幟鮮明」:主張や立場がハッキリしている

「旗幟鮮明(きしせんめい)」は「主張や立場がハッキリしていること」という意味の四字熟語です。意見や立場が中途半端であったり、どっちつかずのものであったりせずに、どの側に立つか明確であることを表します。「戦場に掲げられた旗印が、鮮やかではっきりしていること」が元々の意味で、旗印を主張や立場に例えて使用されるようになりました。

「一目瞭然」の英語表現は?

image by iStockphoto

最後に、「一目瞭然」の英語表現を確認していきましょう。「一目瞭然」の英語表現は「be obvious」です。意味や使い方、例文をここで確認していきましょう。

「be obvious」:明白である

「be obvious」は直訳すると「明白である」という意味の英語表現で、「一目瞭然」の訳語として使用されます。意味や使われる場面は「一目瞭然」と違いはありません

なお、「obvious at a glance」という表現も「一目瞭然」の訳語としてよく使用されます。こちらは直訳すると「一目見れば明白である」という意味です。ただし、こちらは「この音声データを聞けば一目瞭然だ」などのような、実際に目で見て確認しない場合には使用しづらいですね。

では、「be obvious」の例文を見てみましょう。

1.It will be obvious which of mine and Mr. Smith’s claims is correct by listening to the audio data in evidence.
私とスミス氏の主張のどちらが正しいかは、証拠の音声データを聞けば一目瞭然でしょう。

2.I had never met Mr. Smith before, but I was able to spot him right away at the airport. His eccentric fashion was obvious.
スミス氏と会うのは初めてだったが、空港ですぐに彼を見つけることができた。彼の奇抜なファッションは一目瞭然だった

\次のページで「一生懸命やっている人間は「一目瞭然」!?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: