国語言葉の意味

【四字熟語】「一目瞭然」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「一目瞭然」について解説する。

端的に言えば一目瞭然の意味は「一目見ただけではっきりと分かること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

営業マネージャーとして勤務し、カナダでの留学を経てライターとして活動中のナガタナミキを呼んだ。一緒に「一目瞭然」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ナガタ ナミキ

外資企業の営業マネージャーとして勤務し、相手に伝わる会話表現やコーチングスキルについて学ぶ。カナダでの留学を経て、言葉の持つニュアンスや響きを大切にするライターとして現在活動中。

「一目瞭然」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 7179748

それでは早速「一目瞭然(いちもくりょうぜん)」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「一目瞭然」の意味は?

「一目瞭然」には、次のような意味があります。

 一目見ただけで、はっきりとわかるさま。一目で明らかにわかるさま。
▽「瞭然」ははっきりしているさま。「瞭」は「了」とも書く。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)「一目瞭然」

熟語ごとに分けて意味を確認してみましょう。

「一目」とは、ただ少しだけ見ることをいい、一度で全部を見渡すという意味合いです。
「瞭然」とは、はっきりとして疑いようのない様子を指します。事実が明らかであり、その証拠が目に見えて分かる状態です。

一般的には、物事の違いや結果などに対して使われます。たとえば小学生の運動会などで、親チームと子どもチームに分かれて綱引きをする場合、その両チームの力の差は「一目瞭然」です。誰が見ても親チームが有利であることがわかりますね。

「一目瞭然」の意味を掴む上で重要なキーワードは「見ればすぐに分かること」。一目見るだけで十分なほどに明らかな判断材料が揃っており、疑う余地がまったくない様子を「一目瞭然」と呼ぶことができるのです。

「一目瞭然」の使い方・例文

「一目瞭然」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: