この記事では「一気呵成」について解説する。

端的に言えば一気呵成の意味は「物事を中断せずに、一息に成し遂げること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んです。一緒に「一気呵成」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「一気呵成」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「一気呵成(いっきかせい)」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。詳しく見ていくことで、理解が深まりますよ。

「一気呵成」の意味は?

「一気呵成」には、次のような意味があります。幅広い場面で使える表現であり、どちらかというといい意味で使われることが多くなっていますよ。

1.ひと息に文章を完成すること。また、物事を中断せずに、ひと息に仕上げること。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)

「ひと息に文章を完成すること」がもとの意味で、そこから「物事を中断せずに、ひと息に仕上げる」という意味に広がっています。もともと文章を書くことからきているので、仕事などのやるべきこと、つい時間がかかってしまいそうな物事に対して使うことが多くなっていますよ。

物事を速くやってしまうことはいい面も悪い面もありますが、「一気呵成」についてはいい面でとらえた表現です。

「一気呵成」の語源は?

次に「一気呵成」の語源を確認しておきましょう。「一気」はひと呼吸のことで、「呵」は息を吹きかけること、「成」は完成するという意味です。

そして、「一気呵成」は、中国の詩藪という書物がもとになっています。そこに出てくるのは、寒くて凍ってしまった筆に息を吹きかけて、再び凍ってしまわない間に書き終わらせてしまうという話です。語源となる話を知っていると、言葉のニュアンスをつかみやすくなりますね。

\次のページで「「一気呵成」の使い方・例文」を解説!/

「一気呵成」の使い方・例文

「一気呵成」の使い方を例文を使って見ていきましょう。何に対して「一気呵成」と言っているのか、また、文中での「一気呵成」の役割についても注目していきますよ。

この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.先生に見ていただける機会は今しかないと、一気呵成に文書を書き上げた。
2.途中で迷いが出ないよう必要なことは最後まで一気呵成にやりきるべきだ。

例文の1.は、もとの意味となっている文書を完成させることについて書かれています。2.のほうは、具体的に何に対してのことかは書かれていませんが、何らかの任務や仕事であると判断できそうです。もとは文書についてですが、幅広い意味で使うことができますよ。

また、いずれも「一気呵成に」と動詞を修飾する副詞です。このように、副詞として使われることが多くなっています。

「一気呵成」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

それでは、「一気呵成」の類義語についての説明です。2つ紹介しますが、それぞれに独特のニュアンスがあるので、詳しく見ていきましょう。

「一瀉千里」

「一気呵成」の類義語は、「一瀉千里(いっしゃせんり)」があります。意味は、「文章や弁舌によどみのないこと」や「物事が速やかにはかどること」です。「瀉」の意味は水がそそぐことなので、「一旦流れ出すと千里を流れる」という意味がもとになっています。

使い方は、「一気呵成」と同じく副詞として動詞を修飾する形でよく使われ、例えば「仕事を一瀉千里に終わらせた」と表現できますよ。

\次のページで「「倍日幷行」」を解説!/

「倍日幷行」

もう一つの類義語には、「倍日幷行(ばいじつへいこう)」があります。「幷」は「并」や「併」と書くこともありますよ。意味は、「物事の完成を急ぐこと」です。

読み下すと「日に倍して行を幷す(ひにばいしてこうをあわす)」であり、「一日に二倍の仕事を合わせて行う」というのがもとの意味になっています。

「一気呵成」の対義語は?

次は、「一気呵成」の対義語について見ていきましょう。同じ対義語でもニュアンスには違いがありますよ。

「沈思黙考」

「一気呵成」の対義語には、「沈思黙考(ちんしもっこう)」があります。「沈思」は深く考える、「黙考」は黙って考えることから、「黙って深く物事を考えること」という意味です。

じっくり考えているということは、何かを実行しているわけではないので仕事や作業でいうと前にはすすんでいません。そういう意味では、「一気呵成」と対になっていると言えます。

使い方は、そのまま名詞として使うこともできますし、「沈思黙考する」と動詞として使うこともできますよ。

「試行錯誤」

もう一つの対義語は、「試行錯誤」です。意味は、「試みと失敗を繰り返しながら、解決策や適切な方法を見出していくこと」となっています。

一気にすすめていく「一気呵成」に対して、途中で失敗したり横道にそれそうになったりしながら前にすすんでいくのが「試行錯誤」です。一気にいけないところが、「一気呵成」とは違っています。

また、一つ目の対義語の「沈思黙考」を全くすすんでいないという風にとらえると、「沈思黙考」とも違う意味合いになりますね。

「一気呵成」の英訳は?

image by iStockphoto

最後に、「一気呵成」の英訳についての説明です。語源が凍った筆による話なので、英語として文字通りの表現はありません。そのため、意味合いが近い英語の表現を見ていきましょう。

「at a stroke」

「一気呵成」の英訳には、「at a stroke」があります。直訳すると「一息に、一挙に、一撃で」となりますが、「一気呵成に」と表現するときにはピッタリです。「at a stretch」としても、ほぼ同じ意味で使うことができます。

ほかには、「knocking something off without a break」がありますよ。こちらは、そのまま訳すと「休憩なしで何かをやっつけること」という意味です。少し長くはなりますが、「一気呵成」により詳しく表すことができています。

\次のページで「「一気呵成」を使いこなそう」を解説!/

「一気呵成」を使いこなそう

今回の記事では「一気呵成」の意味・使い方・類語などを説明しました。

一気にすすめていく「一気呵成」は、どちらかというといい意味でとらえられている表現です。類義語の「一瀉千里」や「倍日幷行」も基本的にはいい意味で考えられています。「沈思黙考」や「試行錯誤」の対義語のほうは、なかなか前にすすんでいかないわけですが、じっくり考えたり、失敗しながらも着実にすすむということでプラスイメージの言葉です。

四字熟語などの表現は、プラスイメージなのかマイナスイメージなのかによって使い場面が違ってくるのであわせてイメージをチェックしておくといいですね。

" /> 【四字熟語】「一気呵成」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師がわかりやすく解説! – ページ 2 – Study-Z
国語言葉の意味

【四字熟語】「一気呵成」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師がわかりやすく解説!

「一気呵成」の使い方・例文

「一気呵成」の使い方を例文を使って見ていきましょう。何に対して「一気呵成」と言っているのか、また、文中での「一気呵成」の役割についても注目していきますよ。

この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.先生に見ていただける機会は今しかないと、一気呵成に文書を書き上げた。
2.途中で迷いが出ないよう必要なことは最後まで一気呵成にやりきるべきだ。

例文の1.は、もとの意味となっている文書を完成させることについて書かれています。2.のほうは、具体的に何に対してのことかは書かれていませんが、何らかの任務や仕事であると判断できそうです。もとは文書についてですが、幅広い意味で使うことができますよ。

また、いずれも「一気呵成に」と動詞を修飾する副詞です。このように、副詞として使われることが多くなっています。

「一気呵成」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

それでは、「一気呵成」の類義語についての説明です。2つ紹介しますが、それぞれに独特のニュアンスがあるので、詳しく見ていきましょう。

「一瀉千里」

「一気呵成」の類義語は、「一瀉千里(いっしゃせんり)」があります。意味は、「文章や弁舌によどみのないこと」や「物事が速やかにはかどること」です。「瀉」の意味は水がそそぐことなので、「一旦流れ出すと千里を流れる」という意味がもとになっています。

使い方は、「一気呵成」と同じく副詞として動詞を修飾する形でよく使われ、例えば「仕事を一瀉千里に終わらせた」と表現できますよ。

\次のページで「「倍日幷行」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: