化学

天才科学者「フリッツ・ハーバー」はどんな人物?現役講師がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では、天才科学者として名を遺すフリッツ・ハーバーについて学んでいこう。

化学の教科書で必ずといっていいほど名前を見るハーバーだが、どんな人生を送ったか知っているだろうか?彼の生涯は非常に興味深い。ただ名前を覚えるだけでなく、その人生や人となりを知ることで、学習がより面白くなるぞ。

解説者には、大学で生物学を学び、現在は講師として化学を教えているオノヅカユウをよんだぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yu_onozuka

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

フリッツ・ハーバー

フリッツ・ハーバー(Fritz Haber)は、19世紀から20世紀にかけて活躍したドイツ出身の科学者です。アンモニアの合成方法を開発したことで特に知られています。

生涯

ハーバーは1868年にプロイセン王国のブレスラウ(現在のポーランド、ヴロツワフ)という街で、ユダヤ人の家系に生を受けました。

母親は産後の経過が悪く、彼が生まれて数週間後に死去してしまいます。父親とはあまり仲が良くありませんでしたが、ヘルマンという叔父の援助や、父親が再婚した女性(つまり義理の母)の理解を得て成長しました。

学校を卒業後、一時ははたらきに出ますが仕事が合わず、大学へ進学することを決めます。

1886年にベルリン大学に入学すると、ハーバーは化学の勉強にうちこみました。その後ハイデルベルク大学にうつると、ここでロベルト・ヴィルヘルム・ブンゼンに師事。ブンゼンはグスタフ・ロベルト・キルヒホフとともに、セシウムやルビジウムといった元素を発見した化学者です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ブンゼンは、化学の実験などでよく使うブンゼンバーナーの発明者としても名前が残っているな。

その後2年間兵役についたのち、今度はシャルロッテンブルク工科大学で有機化学を学びました。同校在籍中の1891年に博士号をとると、居場所を求めて複数の大学や職場を転々とします。

結果的にハーバーは、ドイツ最古の工業大学として知られるカールスルーエ工科大学で助手としてはたらくことになりました。

Karlsruhe - Institute of Technology - Victoriapensionat I.jpg
Haeferl投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, リンクによる

カールスルーエ工科大学で研究をするようになると、その成果が他の研究者にも認められるようになります。無給の助手から、有償で講義ができる講師へと昇格し、ときには教科書の執筆なども行いました。

そして1904年、ハーバーの研究成果で最も有名な“窒素分子からアンモニアを合成する方法”の開発に着手することになります。化学メーカーの研究者カール・ボッシュと協力して完成させた、新しいアンモニア合成方法であるハーバー・ボッシュ法は、ドイツ内外の化学者を驚かせました。

のちにハーバーは、このハーバー・ボッシュ法を開発したことが評価され、1918年にノーベル化学賞受賞という栄光を手にします。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yu_onozuka