英語の勉強法

【英語】速攻攻略を目指す!「比較」について現役英語講師がわかりやすく解説

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の重要単元である「比較」ついて詳しく解説する。

「比較」は端的に言えば人や物事を比べることだが、3つのポイントさえ覚えればあっという間にその基礎をマスターできるぞ。

現役塾講師で文系科目のスペシャリストである「すけろく」を呼んだ。さあ「比較」攻略の授業を始めようか。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/すけろく

現役文系講師として数多くの生徒を指導している。その豊富な経験を生かし、難解な問題を分かりやすく解説していく。

「比較構文」の基礎とは?

image by iStockphoto

形容詞副詞には、原級・比較級・最上級という三つの変化形が存在します。このうち、二者で比較するときに用いるのが原級や比較級です。

そして、三つ以上で比べるときには最上級を用いて表現します。これらは、いったいどのような意味を表せるのでしょうか。

それぞれの用法をもう少し詳しくみていくことにしましょう。

#1 「原級」を用いた文

原級を用いた文は主に「as + 原級」のかたちで用いられます。そして、比べる相手にも「as」をつけて文末に置いておくのがポイントです。

この場合、文全体では「〇〇と同じくらい~だ」という意味を表します。ここでひとつ注意しておきたいのが、否定文の場合の訳し方です。

これは、「〇〇と同じくらいではない」としてはいけません。なぜならば、これだとどちらが優っているのか判然としないからです。

この場合は、「〇〇ほど~ない」と訳しておくとうまくいきます。それでは、例文を確認してみましょう。

Mr. Johnson is as old as my father.
ジョンソン氏は、私の父と同い年だ。

Tom can run as fast as his elder brother.
トムは、お兄さんと同じくらい速く走れる。

I’m not so[as] hungry as you.
私は、君ほど空腹なわけではない

#2 「比較級」を用いた文

形容詞や副詞の比較級は、「~er」「more ~」の形で表します。これ以外にも不規則変化をするものがあり、重要なものから暗記することが必要です。

比べる相手の直前に「than」を付け、文末に置いてください。こうすることで、全体として「〇〇よりも~だ」の意味を表せるようになります。

それでは、こちらも例文を確認しておきましょう。

My brother is much richer than I.
私の兄は、私よりずっと金持ちです。

I think this book is more difficult than that one.
この本はあの本より難しいと私は思うな。

She can speak English better than you.
彼女は、君より上手に英語を話せるよ。

次のページを読む
1 2
Share: