イタリアヨーロッパの歴史世界史歴史

ボルジア家出身のローマ教皇「アレクサンデル6世」を歴女がわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ、今回はアレクサンデル6世を取り上げるぞ。ボルジア家出身のローマ教皇だが、どんな人だったかいろいろと詳しく知りたいよな。

その辺のところをヨーロッパ史も大好きなあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

angelica

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている歴女、ヨーロッパの歴史にも興味津々。例によって昔読んだ本を引っ張り出しネット情報で補足しつつ、アレクサンデル6世について5分でわかるようにまとめた。

1-1、アレクサンデル6世はスペインの生まれ

アレクサンデル6世は1431年1月1日にスペインのバレンシアのハティバで誕生。父はホフレ・デ・ボルハ、母はイザベルで、5人兄弟の次男。本名はロデリク・ランソルで、母方の伯父アロンソ・デ・ボルハがローマ教皇カリストゥス3世となったため、母方の苗字のボルハに改名。イタリア語読みではロドリーゴ・ボルジア。

1-2、アレクサンデル6世、伯父の引き立てで出世

image by PIXTA / 16144973

アレクサンデル6世は、ボローニャ大学で法学を学び、伯父アロンソに引き立てられて司教となったが、教皇カリストゥス3世となった伯父は、1456年に2人の甥の25歳のアレクサンデル6世と、姉カタリーナの息子ルイス・フアン・デ・ミーラを枢機卿に登用、ロドリーゴの兄ペドロ・ルイスを教会軍総司令官、スポレート公に任じるなど、民衆の怒りを買うほど露骨なスペイン系の縁故採用を行ったということ。

ネポティズム縁故主義とは
カトリックの聖職者は結婚も跡継ぎの子供も認められていないだけでなく、いかなる性的活動も慎むものとされているのですが、中世ヨーロッパはカトリック聖職者が様々な特権を持っていた時代。

特に司教や修道院長といった上級の聖職者は王侯貴族と変わらない権力を持つようになったため、親族の子供たちに様々な特典などを与えたり、実質的に後継者としたりが横行したということで、縁故主義(ネポティズム)と呼ばれるように。尚、イタリア語の「nipote」は甥や姪、孫という意味の単語だそう。

しかし公的には結婚、妻帯禁止のカトリック聖職者が密かに儲けた庶子を「甥」と偽り、ルネサンス期にはそれが公然と行われるように。その代表例がアレクサンデル6世の庶子たちだが、パウルス3世も14歳の実の孫アレッサンドロ・ファルネーゼを枢機卿に任命したなども。カトリック教会の縁故主義は1692年、教皇インノケンティウス12世が教皇勅書を発布し教皇が親族に財産、土地、利益を与えることの禁止を明文化するまで続いたそう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

日本でも仏教が禁止のお酒を「般若湯」だと言いくるめてたが、庶子を甥ってか。

1-3、アレクサンデル6世、5人の教皇に仕える

1458年6月、ナポリ王アルフォンソ5世が死亡、庶子フェルディナンドへのナポリ継承を認めなかったことで、ナポリをボルジア領にするのではないかとの噂が流れているなか、8月6日にカリストゥス3世が79歳で没。

ボルジア家に対するローマ市民の怒りが爆発して暴動が勃発、ボルジア家の教皇縁故者を始めとするスペイン人はローマを逃げ出し、アレクサンデル6世の兄ペドロ・ルイスは逃亡後急死。しかしアレクサンデル6世はローマへ引き返し、伯父カリストゥス3世の葬儀も行い、次の教皇ピウス2世を支持したため地位を保ち、教皇庁で勢力を固めたということ。

アレクサンデル6世は枢機卿として、教皇軍の指揮官、控訴院の院長、教会の長官代理に任命、教皇庁ナンバー2として、以後5人の教皇に仕えつつ、経験と富、人脈を形成することに。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
angelica