国語言葉の意味

【四字熟語】「叱咤激励」の意味や使い方は?例文や類語を文学ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「叱咤激励」について解説する。

端的に言えば叱咤激励の意味は「大きな声で励まし、相手を元気付けること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

文学が得意なライターのユリを呼んだ。一緒に「叱咤激励」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ユリ

大学、大学院ともにイギリス文学を専攻し、修士課程を卒業。無類の本好き。日本語だけでなく英語に関する知識も生かして、難解な単語もわかりやすく解説。

「叱咤激励」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「叱咤激励」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。叱咤激励は「しったげきれい」と読みます。この四字熟語は、皆さん学生時代の国語の授業のほかにドラマや小説などで見聞きしたことがあるでしょう。しかし、耳慣れしている単語ほど詳しい意味を忘れてしまうものです。

ここでは、「叱咤激励」の意味や語源、使い方について詳しく解説していきます。

「叱咤激励」の意味は?

「叱咤激励」には次のような意味があります。

大きな声で励まし、元気づけること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「叱咤激励」

叱咤激励」は「叱咤」と「激励」の2つの単語で構成されている四字熟語です。「叱咤」は「大声で叱る」という意味があり、「激励」は「励ましたり、元気づける」という意味があります。この二つを組み合わせて、「叱咤激励」の「大きな声で励まし、元気づける」という意味が出来上がるのです。

また、「叱咤激励」には大声で相手を励ましたり、叱ったりすることで相手の気持ちを奮い立たせるという意味もあります。上記で述べたように、「叱咤」という単語だけでは相手に対して怒りや厳しさを示すという意味合いが強いです。しかし、「激励」が合わさることで相手に対して厳しい言い方ながらも励ましを与えている意味になります。

叱咤激励」は誰かのことを思いやる時に使う四字熟語ということです。それでは、「叱咤激励」の語源について詳しく見ていきましょう。

「叱咤激励」の語源は?

次に「叱咤激励」の語源を確認しておきましょう。「叱咤激励」の語源を知るには、まず「叱咤」と「激励」の2つに分けて考える必要があります。「叱咤」の「叱」はしかる、口に出してしかるという意味があり、「咤」は舌打ちするときの音が由来です。

この二つが合わさって「怒り溜まったものがどっと口から出す」という意味になりました。そこに単語そのままの意味である激しく励ますという意味の「激励」が加わって、相手を大声で励ます「叱咤激励」という四字熟語が生まれたのです。

「叱咤激励」の使い方・例文

「叱咤激励」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: