国語言葉の意味

【慣用句】「猿も木から落ちる」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「猿も木から落ちる」について解説する。

端的に言えば猿も木から落ちるの意味は「どんなに上手なものでも、時には失敗することがある」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んだ。一緒に「猿も木から落ちる」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

要

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

「猿も木から落ちる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「猿も木から落ちる」ということわざは、とても有名ですね。誰もが聞いたことがあるのではないでしょうか。意味も覚えやすいので、よく理解している方もたくさんいます。ただ、実際に使った経験がある方は少ないですよね。

そこで、「猿も木から落ちる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「猿も木から落ちる」の意味は?

「猿も木から落ちる」ということわざには、次のような意味があります。

1.木登りがじょうずな猿でも時には誤って落ちる。その道にすぐれた者でも、時には失敗することがあるということのたとえ。

出典:goo辞典「猿も木から落ちる」

「猿も木から落ちる」は、木登りが得意なサルでも、時には失敗してしまうという様子を表しています。そこで、名人や達人であっても、失敗することがあるという例えです。また、どんなにその道を究めたとしても、失敗することがあるから”油断してはいけない、最新の注意が必要”というニュアンスが含まれています。

このことわざは、名人のような人がした珍しい失敗にも、普通の人が起こすミスにも使うことが可能です。そのため、使い方によって、少しずつニュアンスが変わる表現になります。

「猿も木から落ちる」の語源は?

次に「猿も木から落ちる」の語源を確認しておきましょう。

実は、明確な由来はわかっていないのです。当然のように存在するため、ことわざが誕生した時期やきっかけなどはわかりません。

ただ、江戸時代に作られた俳諧撰集「鷹筑波」には、「猿も木から落るたとへの木葉かな」と記述が確認されています。そのため、江戸時代よりも昔からあることわざということですね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
要